「ケイゾクはチカラなり」なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ikkoshaチープデザイナー ほんださすけです。今回は「ケイゾクはチカラなり(継続は力なり)」と題しまして、当社オフィシャルサイト、つまり今ご覧いただいているサイトのアクセス数の移り変わりをグラフで見ながら、“その時私たちがどういう状態だったか”を考察していきたいと思います。


サイトアクセス数をグラフで見てみる

こちらは、2019年7月から今年の1月までのグラフとなります。
2019年7月ごろから、当社では「SATORI」というMAツールを導入し、その機能の一部を使ってサイトのアクセス数のログをとっています。



その時、何が起こった?!

グラフから分かるとおり、明らかに2020年5月からグラフの右肩上がり具合が変化していることがわかります。
この時何が起こったかを振り返ると、世の中の動向で言えば、コロナによる最初の“緊急事態宣言”真っ只中でしたね。それに伴い当社もリモートワークが始まり、これまでのように“対面による営業活動”が困難となりました。そんな中でも

「自社アピールのために、何かできることはないか」

ということで始まったのが
【“ほぼ”毎日更新。ikkoshaのブログ】というコンテンツです。このコンテンツが始まったことにより
サイトの更新頻度が増え、
サイトアクセス数の大幅な増加につながっていると考えられます。



続けるって大切

当社はサイト制作案件の際、「サイトは作って終わりではない。」とお客さまにお伝えしています。よっぽどのネームバリューがない限り、たとえサイトが出来上がったとしても、ユーザーはまだ“その存在”を知りません。なので、『まずは、知ってもらう。』ことから始まります。極端な話、「サイト作ってん。見てみて〜。」と、身近な人にURLと共にメールする。そういうところから始まる。と言っても過言ではありません。

そういった地道な布教活動(笑)の先にやってくるのが、“サイト内コンテンツの充実”となります。せっかく布教活動でサイトへ訪れてくれたのに、面白くなかったら

(…なんやねん。)

ってなってしまいますよね。
そこを当社は“ほぼ毎日ブログ”というカタチで、スタッフ各々のパーソナリティをお見せしたり、会社の取り組みや制作実績をご紹介したりで、【飽きのこないサイト】を目指し、新たな“商い(ビジネス)”につながれば。と考えています。



まとめ

【継続的な発信】と一言で言っても、本来の業務の傍らで行うことなので、決して容易ではありません。
当社のブログも“ほぼ毎日”を謳っていますが、実際はスタッフが代わりばんこで書いていて、各スタッフが実際にブログを書くスパンとしては“隔週に1回”という感じで、なるべく無理なく続けていけるような設定となっています。
とか言いつつ、このブログの執筆、遅れまくってるんですけど(猛汗)

あと、“継続”のために、冒頭のグラフのようにMAツールやGA(グーグルアナリティクス)などをうまく活用して『状態を数値化して視覚化する』こともわりと大切と思います。

その時、どういうアクションで、サイトが活性したか。

というのを分析できる利点があるのと、何より暗中模索のままだと(本当に意味があるのか?)という変な迷いが生まれてしまうので、「この右肩上がり具合を途絶えさせたくない!」というモチベーションにもつながります。
とか言いつつ、このブログの執筆、遅れまくってるんですけど(猛汗)



ということで、発信を続けるより多くの人に、この記事が届きますように(ー人ー)

この記事を書いた人

ほんだ さすけPROFILE
できること:
悪いようにはいたしません。

自己紹介文:
チープデザイナー、四十路まっしぐら一児の父。
2000年9月からikkoshaにジョインし、ワークとライフのバランスがわからないまま、あれよあれよと社歴20年以上。
ロゴ制作が好きです。というよりも、ロゴ制作の過程で『お相手の想いに触れられる』ことが好きです。もちろん、チラシやポスター、パンフレットも好きですが、8P以上のページものになると集中力が持続できないので、すぐ周りの人を巻き込もうとします。
最近では、サイトページのデザインレイアウトもやっていますが、コーディングは社内や社外のコーダーさんに任せています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。