企業ブログ運営のメリット・デメリット ーブログ運営で集客を成功させるポイントー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回記事の続編となります。
前回は弊社が「ほぼ毎日ブログ」プロジェクトでブログを開始した4月7日から7月1日までのウェブ来訪者推移を紹介しました。実践から「ブログの集客効果」を実感しております。
[前回のブログはこちら]

今月も7月1日から25日で5,752増加しています。

今回は、「企業ブログ運営のメリット・デメリットーブログで集客を成功させるポイントー」を一般的理論とともに弊社の実践から得たナレッジも含め紹介します。
注意:以下の内容はWebサイトと同一ドメインでのブログ運営の内容になります。

弊社のサービスである一向社の「プロマケ」でも企業ブログの運営を推奨してます。
Web集客に効果があるからです。弊社でも実践しその成果が得られています。
では、なぜブログ運営をすることで集客が可能なのでしょうか?
一般的理論が次の通りです。

企業ブログ運営のメリット


⚫️ブログ投稿はWebサイトの価値が高くなる
これはGoogleが推奨する「コンテンツマーケティング」にブログが相当することにあります。コンテンツマーケティングとは、Webサイトに「ユーザーが興味を持つような、価値ある情報」を掲載し、ここを入り口にマーケティング展開する手法です。
このコンテンツマーケティングの代表的な手法が「ブログ」になり、ブログの更新がWebサイトの価値を高めることになります。
また、Googleガイドラインには、「E-A-T」(Expertise=専門性、Authoritativeness=権威性、 Trustworthiness=信頼性)がWebサイトの品質を評価する基準と記されています。
ブログを書くことで、Webサイト内の情報に一貫性をもたらし、情報が蓄積されます。つまり専門性を高め、SEO対策の手段としてブログは最適な手段となります。

<ブログのポイント>
・商品やサービス関連の記事であること

 
⚫️Webサイトへのアクセスが増える
ブログ記事を増やすことでWebサイトへの流入経路が増えることになります。ブログの数だけ検索ワードが発生することになります。
ブログでアクセス数を上げることは、単純です。ブログを更新し続けることです。ブログを100記事投稿したとして、毎日10アクセスあったとしたら、1000アクセスの流入が見込めるわけです。
弊社の事例で紹介します。
下図は「ほぼ毎日ブログ」を開始した2020年4月7日から7月20日のGoogleアナリティクスのブログページビューのスクリーンショットです。
おおよそ3ヶ月半の数値になりますが、上位記事のページビュー数はご覧の通りです。
全体のページビュー数34,838に対しブログ(110記事)ページビュー数は22,070と全体の63.35%がブログ閲覧となっています。ブログ1記事に換算すると約220ページビューとなります。

<ブログのポイント>
・記事も積もれば集客につながる
・記事を書き続け、記事を増やす

また、弊社のサイトアクセスが増え始めたきっかけと思われる事象に、「検索で1ページ目に表示」があります。

例えば「PDF 画像挿入」と検索すると2番目に””Adobe ReaderでPDFに画像を貼り付ける方法 | 株式会社一向社””が表示されます。
また「バズる」と検索すると7番目に””有名人でもない人がSNSでバズる仕組みについて | 株式会社一向社””が表示されます。
この2つが上図の1位、2位の記事で、それぞれ5,269ページビューと2,252ページビューを獲得しています。

現在、弊社のブログの関連ワードでオーガニック検索でトップページに表示されるワード数は135になっています。(SEOの被リンク分析・競合調査ツール | Ahrefsでの分析結果です。)
ここまでのことから、考察になりますが、サイトの商品やサービスの記事を書き続けることにより、サイト内に情報が蓄積され、Webサイトの評価が上がり、オーガニック検索で上位に表示される様になったと考えるのが適当かと思います。

<ブログのポイント>
・オーガニックキーワードの選定も重要(検索ボリュームの把握)

ちなみに、上図13番目の記事(ページビュー数215)の検索順位は現段階で45位なので、4ページ目に表示されることになります。
閲覧数(サイト来訪者数)=検索上位
が一目瞭然の結果となっています。

企業ブログ運営のデメリット


⚫️成果につながるまで時間がかかる
アクセス数を上げるためには、良質なブログを投稿し続け、Wenサイトの評価をあげる必要と、それなりのブログ数が必要になるためです。
また、ブログの投稿をやめるとアクセス数は下がります。(ブログをほぼ毎日3ヶ月間続けた結果 ーブログの集客効果①「論より証拠」編ー「ほぼ毎日ブログ」始動2ヶ月目(2020.5.1〜6.1)チャート 参照)
これは、競合が同一テーマの記事を投稿し、その内容が良ければ、検索順位が追い抜かれるからと考えられます。こうして、検索順位が下がっていくと、当然アクセス数が下がってしまいます。
ブログの集客力を維持するためには、記事を継続的に投稿しなくてはならないのが一般的です。


⚫️記事を書くのに時間がかかる
企業ブログ運営のメリットである、「ブログ投稿はWebサイトの価値が高くなる」ブログ記事を書くためには、それなりの専門性が必要になります。さらに内容によっては市場調査や競合の商品やサービスとの比較の為の調査などが必要となる場合もあります。
(実際に私もブログ執筆には5〜10時間。いや、それ以上かかっています。)

まとめ

前回の「ブログをほぼ毎日3ヶ月間続けた結果 ーブログの集客効果」につづき今回は企業ブログ運営のメリット・デメリット ーブログで集客を成功させるポイントーをお送りしました。
弊社の実例に関しては、このブログ内で書ききれていない部分も多数あります。特に「オーガニック検索のワード選定」に関しては多角的な戦略があります。これに関しましては、お気軽にお問い合わせください。

PROFILE

営業部 T
株式会社一向社 営業部
営業一筋30年(もうすぐ)。前職では営業コンテスト7位(300人中)の実績あり。主任、係長、課長、事務局長を経て、一向社に転職。
展示会のワンストップサービス構築の実績あり。一向社の「プロマケ」サービスなどサービス構築の中心的存在?。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加