Works/Journal

実績ご紹介/スタッフブログ ラクガキをデザインパーツに

ラクガキをデザインパーツに

学生の頃は授業中、社会人になってからはミーティングや会議中の“ラキガキ”に、ついつい夢中になってしまうikkoshaのチーフデザイナーほんださすけです。

今回はAdobe(アドビ)の便利なツールたちを使って、『ついつい夢中になって描いてしまったラクガキを、せっかくなのでデザインのパーツとして活用してしまおう!』というお話です。





使用するツールは2つ

1. Adobe Capture
Adobe Capture(以下:アドビキャプチャー)は、スマホやタブレットのカメラを通してデザインやイラストをベクターグラフィックとして抽出できるスマホアプリです。

2. Adobe Illustrator(以下:イラストレーター)
通称「イラレ」。ベクターイメージ編集ソフトウェア(ドローソフト)です。デザイン業界では、Photoshop(フォトショップ)と並ぶ2大マストツールのひとつです。

ひと昔前は、『Adobeソフトは値段が高すぎて手が出ない』というイメージでしたが、最近ではサブスク(サブスクリプション)プランなどの充実や、スマホアプリへの展開などで、デザインを本職としない人たちからもツール名などを耳にするようになりました。





ラクガキがデザインパーツになるまで

まず、“絵”がないと始まらないので、冒頭の写真のようにとにかく夢中で落書きします。


スマホでアドビキャプチャーを起動し、「シェイプ」モードの状態でスマホのカメラを手描きイラストに向けて【✓】をタップすると


手描きのイラストが取り込まれ、編集画面になります。
この段階で、画面左下の【消しゴムツール】をタップの後


指でなぞって不要な要素を消しておきます。


消し終わったら、画面右上の【保存】をタップ。


保存名、保存先を決めて【保存】をタップ。
今回は、イラストレーターと連携した作業となるため、「Creative Cloudライブラリ」上に保存します。以上でスマホでの作業は完了です。



場面をイラストレーターに移しまして・・・


パソコンでイラストレーターを起動すると、先ほどスマホで保存したイラストが「CCライブラリ」にすでに登録されています。これがクラウドを介した連携というやつです。超便利!


登録されているイラストをアートボードにドラッグ&ドロップします。


アートワーク表示にして見ると、この時点で手描きのイラストが“パス状態(ベクターデータ)”になっているので


このようにイラストへの着色がスイスイ行えます。
(着色中にメガホンイラストは特に要らないと思ったので消しました)
そして、その他好きな要素をピャピャピャッと足すと
(料理番組みたいな表現でゴメンなさいw)
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

手描きのイラストを用いたデザインの完成です!
実は私事ながら、このブログを書いている真っ最中に、妹夫婦のベイビーが無事生まれたというLINEが来まして、急遽こういうデザインとなった次第です。





【さいごに】

以上が、デザインのアクセントとして、ちょっと“手描き感”を加えたい。
という時に、僕がよく使っている手法のご紹介となります。

か〜
ら〜
の〜

まさかの身内のベイビー誕生のご報告でしたw





【おまけ】

画面にポップアップ表示されたウィンドウに必要事項をご入力いただきますと
冒頭の落書きたちの

  イラストレーターデータ(.ai) ※バージョン:CS5
  JPGデータ(.jpg)

をダウンロードいただけます。
イラストレーターを使用されている方は素材として、使用されていない方はJPGデータをSNSやLINEなどでスタンプがわりにぜひ使ってください。
「商用利用NG」などといった使用の制限は特にございません。が、お問い合わせフォームなどでコメントお寄せいただけると、純粋に僕がよろこびます(笑)




Tags
#手描き#イラスト#ハウツー#Adobe#ほんださすけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加