Works/Journal

実績ご紹介/スタッフブログ SNS上の画像はPR目的でWEBサイトに使ってもいいのでしょうか?

SNS上の画像はPR目的でWEBサイトに使ってもいいのでしょうか?

SNSに上げる画像について

誰でもSNSに写真を簡単にあげられる時代なので、タイムラインは身近な人や有名人の写真のオンパレードだったりします。
SNSに上げたいと思って撮った写真も一緒に写っている人がいるときは「Facebookに上げてもいいですか?」「インスタにあげてもいいですか?」って聞くのはマナーです。細かいことを言えば、肖像権とかプライバシー権に抵触すると言われています。

だからと言って、せっかく撮った知り合いの顔写真にぼかしを入れたり目線を入れたりして修正してまで上げることに少し疑問を感じます。タイムラインでそんな写真がたまに流れてきますが、「そこまでして上げる必要があるのかな?」って思います。
上げて欲しくなかったら、一緒に写るときに「上げないで」とか一言添えればいいし、「上げてもいいけどタグ付けしないで」とかも伝えるべきです。
マナーとしてはその確認が取れないままで上げてはいけないし、タグ付けもしてはいけません。SNSの友達写真なら顔認証機能が働いて自動でタグ付けされることが多くなっていますので、Facebookではあえてタグを外すということが必要な場合があります。
その確認ができない通行人とか知らない人はぼかしたりするわけですが、知人の顔をボカすのはなんだか変な感じです。その人がいけないことしてるわけでもないのに。


SNS画像の商業利用について

SNS上の綺麗な写真の場合、誰かが勝手にダウンロードして知らない間に掲載されてしまうことも可能性はありますが、一応SNS上の写真はシェア以外での二次利用をしてはいけないので、非があるとしたら上げた側ではなく使った側になります。

SNS以外でも、自分で撮った通行人が写ってる風景写真をクライアントの広告などで使う場合の考え方はSNSとは違います。
クライアントに対して「誰が肖像権とかプライバシー権とか著作権とか言ってくるかわからない」ので、マスコミ用語の「裏取り」みたいなことは大切です。写っている人は大丈夫か?建物は大丈夫か?同業他社の広告とかが写り込んでいないか?など、チェックして全て確認しなければなりません。
自分で撮った写真やお客さんが撮られた写真をWEB広告や印刷広告に使うと撮影代が要らないと思いがちですが、実際には裏取りの業務が必要なので、安くできるというものではなく、かえって高くつくことにもなりかねません。


写真素材のストックフォトサイト

今は、手軽に使える写真素材をストックフォトサイトで購入することが多く、そんな手間を省くことがコストダウンにつながる手段でもあります。
近年ではサブスク(定額制)での使い放題プランを購入することが主流だったりもしています。

ラフデザインのときに「ウォーターマーク」と呼ばれる透かしが入っている画像は「安心して使える写真です」というしるしなので、当社で扱うラフデザインではたとえ目障りであっても敢えて消したりはいたしません。もちろん使用決定をしていただいてから購入手続きをすれば下記のように透かしは消えます。

この写真素材には大きく分けて「RF(ロイヤリティーフリー)画像」と「RM(ライツマネージド)画像」と言われています。
サブスクで使用できるのはRF画像です。媒体は何でも何回でも使って良いのですが、間違えてはいけないのは著作権や肖像権がフリーになっている訳ではないので注意が必要です。もちろんモデル写真を公序良俗に反する媒体に使うことに規制があります。また、RF画像は人気の画像であれば多数出回り、同業者が同じ写真を使っていることもあります。

一方RM画像は使用1回ごと用途に応じて使用料金を計算し、その使用に対して使用許諾が発行される画像素材です。RM画像の特長は、必ず使用する用途を申請してから使用するので画像素材の使用履歴がしっかりと管理され、同じ写真を同業他社で使用することが避けられます。

写真素材を提供するフォトサイトはたくさんあります。
その中から最適な画像を探すことができるかはデザイナーの検索スキルと検索にかける時間に依存します。
たとえRF画像であっても、低価格でご提供できない理由があるとすればそんな作業も含まれるからです。

(これは過去のブログをリライトして再掲載しました)

お問い合わせはこちらまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。