Works/Journal

実績ご紹介/スタッフブログ オリジナルダイアリーのメリットと制作方法

オリジナルダイアリーのメリットと制作方法

年末のご挨拶のノベルティーといえば、現在も根強い人気の「ダイアリー」「カレンダー」。
既製品に名入れをされている企業も多いかと思います。
コストの関係で... など、色々な理由があると思いますが、ここでは、オリジナルダイアリーのメリットや制作方法をご案内します。

オリジナル【ダイアリー】2つのメリット

会社の情報や製品の情報など広告要素を盛り込める
ダイアリーはお客様に常時携帯・利用されるものとなります。そこに御社の情報が盛り込まれていれば必然的にお客様の情報として広報活動が可能となります。
例えば、事業内容や製品やサービスのラインナップを掲載することで、今までお客様の接点がない部分の紹介を行い認知することも可能です。
Webサイトを見ればわかることですが、携帯するダイアリーであることも効果的です。

内容のカスタマイズの自由度 既製品のダイアリーを活用する上でこんなことはありませんか
「メモ欄が少なすぎる!」
「スケジュール記入欄をもう少し大きくしたい」......
このような問題もオリジナルであれば変更は可能となります。
お客様や、社員のリクエストを形にでき、より便宜性の高いダイアリーが完成されます。

オリジナル【ダイアリー】の制作方法

オリジナルダイアリーは下記のように構成されます。
・表紙カバー
・表紙
・見返し
・本文
・スピン
これらを組み合わせていきます。

一例ですが参考までに  
重厚感を出したい
合皮や塩ビ素材の暗めの色を選択し、金の箔押しで決まりです。
※合皮や塩ビ素材は箔押しのみの対応となります。

デザイン性を重視したい
透明なビニールカバーを使用し、表紙にデザインを施します。
表紙は紙を使用するので印刷が可能になり、合皮や塩ビの”箔押し”よりデザインが自由になります。

使いやすさを追求したい
外回りや出張が多いので、スケジュール欄やノートページを大きく使いたい。 

などなどお客様の要望にあったご提案をいたします。

制作コストについて

一概に言っても作り方や使う素材、部数によって大きく左右されます。
仕様と部数が決まらないと何も見えてきませんので、下記条件で作成した時の見積もりを目安の資料を用意しております。
【仕様】
サイズ:B5
頁 数:184P(表紙2P+見返し6P+本文176P)
用 紙:カバー:ナシ地PP
    表紙カバー:ミューマット110㎏
    見返し:色上質 厚口
    本文:リサイクル上質68㎏
印 刷:2/0、2/2、2/1、1/1
加 工:箔押し、トムソン抜き、無線綴じ、スピン付け、
    カバー差し込み、荷造り梱包、発送

詳しくはこちらからダウンロードしてください。

最後に
ダイアリー以外にもオリジナルのノートなども多数実績がございます。
ノベルティーでお困りの方はお気軽にご相談下さい

Cliant: 株式会社一向社

Tags
#グラフィックデザイン#組版#ミーティング#モノづくり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加