ブランドの知名度を上げるためのVI

こんにちは、チープデザイナーです。

「一度食べたら、他は食べられない。」
「ウエスト3.2㎝の肉厚ボディ。」
が定着しつつある椎茸で有名な“雉子の郷(きぎすのさと)”。
今回この郷の
ロゴマーク(商品ラベル)
ビニールハウス用看板

をご紹介いたします。


“雉子の郷”というブランド名と郷のロケーションを受けて、“キジ”と“田舎の風景”を思わせるオブジェクトをデザインマテリアルとしてビジュアル化。
ラベルは共通ビジュアル、ロゴなどを用いてテンプレート化し
「“雉子の郷”というブランドの知名度を高める」
ことを目的としています。


2種類の看板のうち1つはホワイトボードのように書いたり消したりできる仕様にし、“今、郷で何を栽培しているか。”が、お越しいただいた方にわかるような機能を持たせています。

このように共通のロゴ・ビジュアルを用いて、様々なアイテムに展開することはブランディングやマーケティングにおいてとっても大切となります。

今後もブランディング向上を目指していろいろなご提案をしていきたいと考えています。




Client: 雉子の郷(吉田農園株式会社)

Design: ほんださすけ

Tags
#portfolio#マーシー#むねさん#ほんださすけ#見える化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加