まだテキストオブジェクト分割してるの?
【Tab】キーを使った文字のレイアウト調整
~Illustrator編~

こんにちは、「トリセツ」担当のマルです。
前回の記事では、WordでTabキーを使ったレイアウト調整方法についてご紹介しました。
今回は、IllustratorでもTabキーを使ったレイアウト調整ができるため、そちらの方法についてご紹介したいと思います。

僕は仕事柄、Illustratorで自分以外の人が作ったデータを引き継いで編集することが多いのですが、データの作り方を見て「こんな作り方があったのか」と感心したり、逆に「もっとこうすればいいのに…」と思うことは少なくありません。ハウツー記事や書籍での学びと、自分以外の人が作ったデータを触ってみること。DTPオペレーションの技術を学ぶには、どちらも大切です。

そんな中、しばしば見かけるのがこういったデータです。

目次や価格表のような、左寄せ文字・右寄せ文字が混在するレイアウトの場合で、左の文字ブロック・右の文字ブロックが別々のオブジェクトになっています。
また、価格表や目次のように左の文字と右の文字に点線が入っているレイアウトにしたいケースで、点線を「線」オブジェクトにしているケースも見たことがあります。

しかし、後ほどのデータ編集を考えたときに、この方法だと作業量が多くなってしまう場合があります。たとえば改行を入れる場合、左のブロック・右のブロックと2回の改行を入れる必要が生じます。
点線を「線」オブジェクトにしている場合はもっと大変です。改行を打ち込んでも「線」オブジェクトは動かないので、改行する部分より下の点線を別途動かしてやる必要があります。
また、テキストの内容が変更になった場合、テキストの長さに合わせて線の長さを変更する必要が生じます。

こういった作業は、一回ならともかく、修正の回数が多くなればなるほど、作業量が増えれば増えるほど、ミスを誘発する可能性も高くなります。

そこでご紹介するのが、今回使用するTabキーを使った方法です。
文字の左ブロック・右ブロックの間にTabを入れることで、先日ご紹介したWordと同じように、右ブロックの文字を任意の位置に揃えたり、Tabの位置に点線を入れるなどの操作が可能になります。

また、テキストオブジェクトも1つのフレームにまとまることで、改行等の編集作業も1アクションでも終わるため、後の編集作業が長引くほど、ミスが少なくかつ短時間での作業ができます。
では、具体的な作業手順を見ていきましょう。

1.文字ブロックを分けたい部分で「Tab」キーを押します。

2.「Ctrl」(Windows)または「Command」(Mac)+「Shift」+「T」を押し、「タブ」ウィンドウを表示します。
※「タブ」ウィンドウは、メニューから「ウィンドウ」→「書式」→「タブ」を選んでも選択できます。

3.間隔を調整したい範囲のテキストを選択します。

4.「タブ」ウィンドウ右側の磁石マークをクリックすると、テキストと「タブ」ウィンドウの位置が自動的に揃います。

5.「タブ」ウィンドウ内の「ルーラー」(白い定規のような部分)をクリックすると、タブ位置が設定できます。
また、「位置」というテキスト左の矢印アイコンをクリックすると、テキストを選択している範囲のタブを「左揃え」「中央」「右揃え」「小数点揃え」で揃えることができます。

※「タブ」ウィンドウの「位置」に数字を入れることでも、任意の位置にタブを設定できます。また、数字を入れた後で上下カーソルキーを押すことで、1mm単位で調整できます。この方法がやりやすいので、個人的にはお勧めです。

以上のような手順で、任意の位置にタブを設定することができます。

また、テキストの左右ブロックのあいだに、点など任意のテキスト※を入れることも可能です。
その場合、テキストを選択した状態で「タブ」ウィンドウ中央の「リーダー」という部分に、間に入れたいテキストを入れます。
※今回は、目次等でよくある点を入れたのですが、全角だと間隔が広すぎるため、「・」を入力したあと「F8」キーを押すことで、半角カナの「・」に変換しています。

この方法を使えば、線オブジェクトを使ったときのように長さ調整をする必要がありません。

前回のブログをお読みいただいた方はお気づきになったかもしれませんが、この操作は前回ご紹介したWordの操作と非常によく似ています。

様々なアプリケーションにおいて、操作中に
「こういう機能が別のアプリケーションにあったけど、今使ってるこのアプリケーションにも同じような機能はあるかな?」
という、自分の知識への「疑い」を常に持ちながら作業することが大切です。

目先の時間だけ考えると、自分のわかるやり方で作業してしまったほうが早いケースは多いのですが、長期的に考えると、多少時間がかかっても効率のいいやり方を調べたほうが、後々のデータ編集が楽になりますし、データを別の人に引き継ぐ場合に起こるミスの確率も軽減できます。

使うのが間違いなく1回きりとわかっているデータであっても、少なくとも自分のスキルアップにはつながります。

特にアプリケーションの使い方は、よほどニッチな内容でなければネット上で解説しているサイトも多いです。わからないことはすぐ調べる癖をつけておくと、スキルアップしながら効率よく仕事をこなしていくことができるようになります。

取扱説明書制作についてのお問い合わせはこちら

Tags
#マル#トリセツ#Illustrator#Tab
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。