Works/Journal

実績ご紹介/スタッフブログ クライアントの要望に合わせて変化させるDTP案件

クライアントの要望に合わせて変化させるDTP案件

大阪市阿倍野区で開業されている、くしま歯科様の問診票の方を担当させていただきました。
前回まではillustratorで作成しておりましたが、くしま歯科の要望によりWord形式のデータにリメイクしました。

作成するにあたって、元はillustratorのデータ、どの様にしてWord形式のデータにするかが問題点になるかと思います。

なので、弊社が行った方法とは、Adobe AcrobatのPDF変換機能を利用した変換方法です。
上記の機能を使用すると、aiデータ→illustratorでPDFデータに変換→Adobe Acrobat ProでWord形式に変換でデザインを崩すことなくWordのデータ化ができます。

Word変換し、印刷やPDF納品なら変換作業で案件終了なのですが、今回はWordデータでの納品のため、フォントの差し替えも行いました。
なぜなら、データ作成側とクライアント側が使用しているフォントの違いで文字化けを起こさないためです。

上の画像と見比べてもらうとフォントが変わっていることがわかりますでしょうか。

クライアントがPC上で使用することも考えて、クライアントのPCに標準導入されているフォントへ変換しております。

普段の案件とは違うものでしたが、改めてDTPの奥深さを実感する案件となりました。

Cliant: くしま歯科

Tags
#Word#illustrator#Acrobat#DTP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加