学校入試関係者必見!
出願者を増やす3つのポイントとは?
《これを知らないと出願者数は増えない!!》

今回の新型コロナは、収束後も社会のさまざまなところに影響を及ぼしそうです。学校広報や入試関係の方々も多かれ少なかれその影響を受けているのではないでしょうか?前回のこちらのブログ記事ではリードの実名化の重要性を紹介させていただきましたが、今回はさらに踏み込んだポイントを紹介いたします。

Webオープンキャンパスは終わってもフォローアップで学校の魅力を伝えてますか?
入試広報戦略や進学の動向において新型コロナは大きな変化をもたらしました。従来のオープンキャンパスなどのリアルイベントを軸にした広報戦略の実施が困難になる一方、オープンキャンパスや出願に誘導する様々な施策が急速にネットに移行して、「進学する学生とのコミュニケーション」の重要性が上がり新たな仕組みを構築することが、出願数の増加、ひいては生徒を増やす大きなチャンスとなります。

特に今進めている「オープンキャンパス」は生徒募集広報で重要なイベントです。比較的参加者が見込める春休みや夏休みに開催され、開催日に向けて受験情報媒体や様々な広告で告知を行い開催されますのでオープンキャンパスを起点に「出願見込みのある学生」に対するフォロー始まります。Webオープンキャンパスに参加された方にフォローは万全にされておりますでしょうか?一般の企業でもイベント(展示会など)後は「リードのデータ化」から潜在顧客に対してフォロー=ナーチャリングが始まります。

進学に向けて何かしらの接点を持った学生は「見込み学生」とし、見込み学生の段階では実際に受験に結びつくか否かは不確定であり、いかに受験へ導いて生徒にになってもらうかがマーケティング上の課題となる。ナーチャリングの具体的方法はさまざまであるが、見込み学生を貴校に受験する有望な「入学出願者」にするために学校受験に関わる有益な情報を提供したり、学校の魅力を発信したり、受験に必ずしも直結しないが、入学後をイメージできるお役立ち情報を発信したりといった配信活動が含まれます。

ポイント1 :リード(見込み学生)のデータ化
学生募集の流れは資料請求→オープンキャンパス→受験という流れが主流かと思います。まず最初の「資料請求」の大部分は学校サイトの他に様々な進学サイト経由で請求されます。まずはここで『個人情報を取得』しておくのがポイントです。学生の全てをリード(=見込み学生)としてデータ管理し、そこから様々な施策を走らせることが出来るので重要です。


ポイント2 :問い合わせはスピーディに対応
リードナーチャリングでもっとも大きな効果を発揮する要素は『対応スピード』です。学生や保護者は3〜5校の学校に同時に問い合わせをされるといわれています。特にオープンキャンパスを含むイベントは同時期に他校と重なる事が多く、例えばすべての学校から学生や保護者へ連絡が入るとしますと、志望校順もありますが同列の場合は初めの1〜2件で予定してしまうと、多くの方は3〜5件目に来る連絡などには断りや保留の返事をしてしまいます。
問い合わせがあったらすぐに連絡したり、資料を届けた後日にフォローを入れるなど、他校よりいち早く丁寧に対応することが何よりも大切です。
具体的にはWebオープンキャンパス1週間後のサンキューメール(フォローメール)などいかに早く対応するかが重要です。


ポイント3 :出願に誘導するまでアプローチし続ける
せっかく「資料請求」や「オープンキャンパス」などで興味を持って頂けたのに、その後の連絡が途絶えてしまった、ということもよくあります。ナーチャリングの視点で見ると学生や保護者が放置してしまう理由の一つが学校側にあると言えます。
先生方も普段は顧客側として様々なサービスを利用されていると思います。興味をもって問い合わせたにも関わらず最終的に利用しなかった理由は「どこも利用しなかった」「他のサービスを申し込んだ」のいずれかと思います。
一方、進学希望者が問い合わせをした場合、最終的にはどこかの学校を受験するというケースが圧倒的に多いのです。対応さえできていれば受験の可能性が高かったわけです。
一度、資料請求やオープンキャンパスで興味いただいた方をそのままにしていませんか?迷っている見込み学生へ、フォローの連絡は定期的にできていますか?
いかに継続的にアプローチし『コミュニケーション』ができていれば最終的に選ばれ貴校への入学出願者につながるのです。
具体的には日々のブログ配信やSNSの連携、サイトのコンテンツの充実ですがメルマガなど進学希望者と常に接点があると効果的です。

以上の3つのポイントは、学校の広報/入試担当の方はご存知の事ばかりだと思います。しかし入学出願者に繋げられるこれらのポイントは様々な要因でなかなか対応できない....と感じてる方は多いのではないでしょうか?


一向社ではWebオープンキャンパスの「準備」→「運営」→「アフターフォロー」をワンストップで提供します。ご興味お持ちいただけましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらまで!

Tags
#オープンキャンパス#ナーチャリング#出願者を増やす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。