Works/Journal

実績ご紹介/スタッフブログ テレワークレポート 事務員編

テレワークレポート 事務員編

こんにちは、私は一向社で事務員をしています。
今回は事務員の視点からテレワークレポートをお届けします。




まず、同じように事務員をしている方でこう思っている方はいないでしょうか。



『会社に来ないとできない仕事が多いからテレワークができない』



・電話
・郵便物
・宅配発送
etc




私もなかなか解決は面倒だししばらく時差出勤で対応するか・・・と思っていたのですが、

『時差出勤をしても通勤ラッシュ時間であることは変わらない』

車内メンツが変わっただけでした。




そして、電車、緊張感がはかり知れません。

通勤、大変です。

うっかりマスクを忘れた日には、装備なしでボス戦に挑む勇者の気持ちになります。





というわけで、テレワークに踏み切りました。


まず電話、こちらは電話は転送サービスを使用しました。
会社番号にかかった電話がスマホにかかるように設定しました。
各種キャリアにあると思うので探してみてください。

郵便物、宅配便は仕方がないのである程度まとめて確認、発送で落ち着きました。
マイカー出勤などでその日社内にいる人に確認してもらっています。
こんな時なので仕方ない…。



他、社内でのやり取りはチャットワークを使用しています。

元々社内で使っていたのですが、グループチャットや個人チャット、ビデオ通話での会議も可能。
リアクション機能で簡単にチャットを確認した旨を伝えることもできます。
私の場合、受け取った電話の折り返しを頼むときや出勤状況の把握、備品の在庫状況の共有にも使っています。
こちら便利なので、ぜひ導入をおすすめします。






会社からパソコンと会社スマホを持ち帰り、さて、テレワークが始まりました。

まずはパソコンがちゃんと動くか確認です。

パソコンはバッチリです。



次は私自身がちゃんと動くように環境整備です。

自宅勤務で一番不安だったのが、ちゃんと仕事モードに切り替えられるかどうかでした。


そこで、取った策はいたって簡単。

①とりあえず着替える
②ラジオをかける。

こちらです。


着替えて気持ちを切り替え、パソコンをつけ、ラジオを流す。


姿と視界と聴覚を仕事モードにすると気持ちも仕事モードに切り替わります。
特に、ラジオであれば画面から目も逸れませんし、時間もわかるので作業が間延びしません。


お昼休憩もいつもの時間にとるのが吉です。

作業サイクルが整います。

他の注意点は、


腰痛!!


会社の椅子って仕事に適してたんだな…と再認識しました。
肩こり、腰痛、すごいのでこまめに動きましょう。



あとは水分補給とお手洗い
手元に飲み物を置いて、お手洗いは意識して1時間に1回は行きましょう。

座っていると人は尿意が感じづらくなるだとか…。
意識して立ったり動くと良いですね。

家でも効率よく、健康にお仕事ができますように。
みんなで今を乗り切りましょう~!

Tags
#テレワーク#リモートワーク#コロナ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。