ユーザーとクライアント、双方の利便性を高めるWebサイトのリニューアル

大阪市の建築設計事務所である、株式会社汎設計様のホームページをリニューアルしました。今回リニューアルしたポイントは、2つあります。

株式会社汎設計のホームページはこちら


ユーザーの利便性を高める、レスポンシブデザインへの対応

レスポンシブデザインとは、パソコン・スマートフォンなどのデバイスの画面サイズによって、そのデバイスに適した表示になるデザインのことです。

近年、スマートフォンの世帯保有率が86.8%となっており(※)、スマートフォンユーザーにも配慮した表示や操作性が必要となっています。またGoogleの検索ではスマートフォンに対応したWebサイトの方が上位に表示される仕組みなので、検索の際に見つけてもらいやすくなります。

レスポンシブ化により、読みやすさ・操作性・検索性のいずれも高まります。

※総務省:令和3年 情報通信白書より
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/html/nd242110.html

クライアント側で更新ができる、CMS(コンテンツ マネージメント システム)の導入

CMS(コンテンツ マネージメント システム)は、Webサイトの内容を、専門知識がなくても更新できるシステムです。ブログを自社運営する際などによく利用されています。

今回は、建築設計の事例を見やすくしたいという要望から、ポートフォリオ(事例集)のページに導入しました。「公共施設」「福祉施設」「集合住宅」といったジャンル別でも表示でき、より早く目的の事例を見られるようにリニューアルしました。

ポートフォリオページはこちら

また、採用情報のページにもCMSを導入。状況が変わりやすく頻繁な更新が想定される場合に有効です。


昨年のコロナ禍から、自社サイトの見直しやIT補助金を使ったECサイトの構築について、当社でもお問い合わせが増えています。Webサイトの見直しやカスタマイズをご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ!

Tags
#Web#レスポンシブ#CMS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。