ドローン撮影で表現の幅を広げた エクステリア事例集

大和ハウス工業株式会社様の
エクステリアデザイン事例集を担当しました。

この事例集は、賃貸住宅の建築を検討している施主様のためのものです。
例えば高級住宅街で賃貸住宅を建築する場合、建物の意匠は周囲との調和やステイタス感を考慮する必要があります。また植栽などの外構や共用部の印象が入居率にも影響するため、地域や市場に合った設計が必要になりますが、これまで整理された資料がありませんでした。
そこで、地域の人気物件の外構デザインをパンフレットにまとめることになりました。

今回はパンフレットのデザインだけで無く撮影も行い、ドローン撮影も導入しました。

カメラマンによる撮影は、入居者目線で、実際見た雰囲気に近い写真になります。
素材の質感、植栽の彩りなどディテールも伝わります。

これらに加えて上空からドローン撮影を行うことで、建物の配置や敷地内の動線など、全体像を把握しやすくなります。また、敷地の形状によってはカメラマンが撮りにくいアングルも、ドローンなら自由に移動して撮影できます。

これまでにない視点からの撮影が可能になることで、写真表現の幅が広がりました。

ドローンも含め、撮影のご相談はお気軽に!

お問い合わせはコチラ!

Tags
#パンフレット#撮影#ドローン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加