【After Effects】数値を強調!カウントアップの設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は動画でグラフに動きをつける方法をご紹介しましたが、
データの数値を強調したいときには、
・カウントアップ(数値が大きくなる)
・カウントダウン(数値が小さくなる)
の手法も効果的です。

今回は、After Effectsの「番号」エフェクトを使った方法をご紹介します。

1.「新規レイヤー>平面」を作成します。


その後、平面レイヤーに「エフェクト>テキスト>番号」を設定します。

2.デザインに応じてフォントを設定します。

↓ この時「プロポーショナル文字」のチェックを外します。これで、数字の幅の差によりブレて見えることを防ぎます。

3.エフェクト「番号」に「種類>数値(先頭はゼロ)」 を設定

4.エフェクトにキーフレームを追加。


開始時には0を入力し、小数点以下の桁数を指定します。
終了時には必要に応じた値を入力します。

5.不要な桁の部分を隠します。


まずは、「レイヤー>新規>平面」で、平面レイヤーを作成します。
次に、不要な部分を平面レイヤーで隠し、
テキストレイヤーのトラックマットを「アルファ反転マット」に変更します。
不要な部分を隠すことができました。
必要に応じて、単位などを加えます。
以前ご紹介した円グラフのアニメーションと組み合わせると、こんな感じです。
一向社では、企画・編集・インフォグラフィックなど映像に関するご相談も承っています。

お問い合わせはコチラ!

この記事を書いた人

つーちゃんPROFILE
広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務後、一向社に入社。どんなジャンルでもやりたがる方ですが、パンフレット考えるのが割と好きです。Webマーケティング勉強&実践中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。