【Googleアナリティクスの使い方】
ページ別の閲覧ユーザーをかんたんに集計する方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイト運営者のみなさま、Googleアナリティクスはうまく使いこなせていますか?
前回はGoogleアナリティクスを導入して最初に抑えておきたい事をご紹介しましたが(→コチラ)

「個々のページをもっと細かく分析したい・・・」
「どの記事のアクセス数が、どのタイミングでどう変化しているか計測したい・・・」


とさらに細かな悩みを抱えていらっしゃる方も多いと思います。
Webサイト全体の状況を把握しておくことは、非常に重要ですがサイト改善の初歩段階では、個々のページの情報を把握するのも改善施策を考えるうえでも大変効果的です。
そこで、今回はgoogleアナリティクスで特定のページについて計測する方法を紹介します。

特定のページのアクセス状況を調べる方法


まず初めにGoogleアナリティクスでアクセス状況を大まかに把握します。
Google Analyticsの管理画面から「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」でサイト内のすべてのページの情報が表示されます。
レポートをチェックしてみましょう。


さらに表示内容を特定のページに絞っていきます。
グラフの下の方にある「アドバンス」のところで、調べたいページのURLの一部のキーワードを入力してみましょう。
例えば「column01」という記事のページを調べてみたい場合、そのページのURLに含まれている「column01」を入力し検索すれば表示されます。この機能を活用して自分の調べたいページの概要をつかんでみましょう。


特定のページへの流入経路を調べる方法


続いて特定のページの表示内容をさらに絞っていきます。
同じくGoogle Analyticsの管理画面から「行動」>「サイトコンテンツ」の次に今度は「ランディングページ」でユーザーが最初に訪問したページのすべてを確認することができます。先ほどのようにグラフの下の方にある「アドバンス」のところにキーワードを入力して調べたいページを表示させます。
次に、さらに詳しく流入元を調べていきます。
表の左上にある「セカンダリディメンション」をクリックし、新たに表示されるバーの中の「集客」>「参照元/メディア」をクリックします。
すると表の項目に「参照元/メディア」が追加されます。そこから各ページにユーザーがどのような経路で流入してきたかを知ることができます。
参照元とはトラフィックの流入元、たとえば検索エンジン(google など)やドメイン(example.com)を指します。メディアとは、参照元の一般的な分類、たとえばオーガニック検索(organic)、クリック単価による有料検索(cpc)、ウェブサイトからの紹介(referral)などです。
この様に、メディアは流入元のタイプを示すもので、参照元からの流入の属性を示すものです。

忙しくてデータ分析まで手が回らないという方へ


サイトを改善するには、個々のページの状況をしっかり把握していくことが重要です。ここまでで解説してきた「アクセス状況」「流入経路」を適宜に行っていきましょう。引き続き、Googleアナリティクスのデータを有効に活用して、ウェブサイトの運営に役立てましょう!
でも、大きなサイトを持っている場合、一つ一つのページの状況を把握することはとても大変ですので、そうした作業になかなか時間を割けないという担当者の方もいらっしゃるかと思います。弊社では「サイト保守サービス」など取り扱っております。そのサポートではGoogleアナリティクスの設定サポートや毎月のサイト分析のレポートなどサービス内容に含まれているので初心者の方でも安心です。

気になる方はまずはお問合せください!
ご相談・お問い合わせはコチラ!

この記事を書いた人

中島 むねのりPROFILE
生まれも育ちも神戸の「とくれん」大好き神戸っ子。
2015年から一向社にて主にお客様とのやり取りを中心にクリエイティブな提案など業務としてます。
様々な広告に関する企画、ディレクション、リサーチ、プロモーション、いつも新しいことを探し、なんでもやってみる性格です。
趣味:
・モータースポーツ:エンジン付いていて動くものなら何でも好き!
・機械いじり:ネジが付いてるものならなんでも分解したい衝動に駆られます。
好きな食べ物:ビーフカレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。