【Googleアナリティクスの使い方】
知っておきたい基本用語!「ユーザー数」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイト運営者のみなさま、Googleアナリティクスはうまく使いこなせていますか?
今回もGoogleアナリティクスの基本用語ついて説明します。(→前回はコチラ)

「ユーザー数」とは?

前回解説した「セッション数」と違ってこちらは覚えている人も多いかと思います。
今回の「ユーザー数」とは、サイトへの訪問した人数です。

厳密にいうとサイトへの訪問した人数から重複を除いた人数で特定のブラウザとひも付くCookie(クッキー)によって判定していて、実は「ユーザー数」=人数を数えているわけではないのです。

ユーザー数とは?


ユーザーとは、特定期間でサイトに訪問した、固有のユーザーを指します。
セッションが一回ずつの訪問を計測するのに対し、ユーザーは同じ一人の人を追っています。
Googleアナリティクスで設定をした特定の期間にサイトへ訪問した人数から重複を除いた人数のことを意味します。
例)同じ人があるサイトを朝昼夜と訪問した場合、セッション数は3になりますが、ユーザー数は1のまま不変です。
ただし、同一人物でも違うブラウザや違う端末を使った場合は、別のユーザーとしてカウントされてしまいますので注意が必要です。同じ人がPCとスマホ両方でサイトに訪問すると、2ユーザーとしてカウントされます。

どのようにユーザーを判定しているのか


Googleアナリティクスのユーザーは、クッキーによって判定されています。
トラフィックがどのユーザーに由来するかを把握できるように、ユーザーに関連付けられた固有の ID が各アクセスに合わせて送信されます。ここで使用される ID は Google アナリティクスのクライアント ID で、_ga という単一のファーストパーティ Cookie に保存されます。
クッキーによってユーザー判定をしており、このクッキーは2年間有効です。 クッキーは訪問のたび、上書きされるため、一度訪問してから再度訪問するまでに2年間以上の期間があいてしまうとクッキーの有効期限が切れるためクッキーは削除されます。 その場合、2年以上経って訪問した場合は初めての訪問(新規ユーザー)とカウントされます。

別ユーザーになる条件は


・Cookieが削除して再訪問すると別ユーザーとして1カウントされる。
・ブラウザが異なると再訪問しても別ユーザーとして1カウントされる。
・異なるデバイスで再訪問すると別ユーザーとして1カウントされる。

忙しくてデータ分析まで手が回らないという方へ


サイトを改善するには、個々のページの状況をしっかり把握していくことが重要です。ここまで解説してきたアクセス状況の調べ方で「ユーザー数」の数値を知っておきましょう。
ユーザー数は新規ユーザーになる定義まで抑えておくと、アナリティクスのデータを正しく解釈できるようになると思います。

でも、大きなサイトを持っている場合、一つ一つのページの状況を把握することはとても大変ですので、そうした作業になかなか時間を割けないという担当者の方もいらっしゃるかと思います。弊社では「サイト保守サービス」など取り扱っております。そのサポートではGoogleアナリティクスの設定サポートや毎月のサイト分析のレポートなどサービス内容に含まれているので初心者の方でも安心です。
気になる方はまずはお問合せください!

気になる方はまずはお問合せください!
ご相談・お問い合わせはコチラ!

この記事を書いた人

営業部 エヌPROFILE
生まれも育ちも神戸の「とくれん」大好き神戸っ子。
2015年から一向社にて主にお客様とのやり取りを中心にクリエイティブな提案など業務としてます。
様々な広告に関する企画、ディレクション、リサーチ、プロモーション、いつも新しいことを探し、なんでもやってみる性格です。
趣味:
・モータースポーツ:エンジン付いていて動くものなら何でも好き!
・機械いじり:ネジが付いてるものならなんでも分解したい衝動に駆られます。
好きな食べ物:ビーフカレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。