【Googleアナリティクスの使い方】
知っておきたい基本用語!「PV数」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイト運営者のみなさま、Googleアナリティクスはうまく使いこなせていますか?
今回はアクセス解析やGoogleアナリティクスの基本的な指標であるPV数について説明します。
(→前回はコチラ)

「PV」とは?

PVはページビューと読みますが、サイト内のページが表示された数を指します。

サイト運営において特に重要な指標の一つであるため、PVを注意している人も多いのではないでしょうか。
サイト内で人気のあるコンテンツを知るときなどの基準としてよく用いられます。
ここでは、PVの正しい意味や見方について、詳しく解説します。

PV数とは?


PV数(ページビュー)とは、ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標の一つです。
ブラウザにページが読み込まれ(再読み込みも含む)表示されたら1PVとカウントされます。PV数は閲覧されたページの合計数として定義される指標です。
例)サイトを訪問した場合、「対象のページが、閲覧された回数の合計」なので、同じセッションでも同じページを何度も閲覧すると、その閲覧数分だけカウントされます。このように「他のページに移動してから対象のページに戻って来た場合」や「同じ対象のページを再度読み込んだ場合」も、PV数はカウントします。

同じページを意図せず再訪問してもカウントするため、サイトの構成の良し悪しでも変わってしまいますので、そのPV数をさらにページ別に分類した「ページ別訪問数」という捉え方もあります。

ページ別訪問数とは?


Googleアナリティクス上のページ別訪問数の定義は「指定したページが一回以上閲覧されたセッション数」です。セッションはこちらで説明→セッション数とは?
各ページで新しいセッションが訪れるたびにカウントされます。逆に1セッションの中で何度も同じページにアクセスしても1回しかカウントしません。
例)一方、ページ別訪問数は「対象のページを閲覧したセッション数」なので、上図のように、「他のページに移動してから対象のページに戻って来た場合」や「対象のページを再度読み込んだ場合」はカウントされません。
「ページ別訪問数」は、「セッション(=訪問)に関する数値」だと理解していただくとさほど難しくないです。
今回ご紹介したように、「PV数」とセットで、意味を理解しておきましょう!
ページ別訪問者数はアナリティクス上ではページビュー数の隣に並んでいますので一度確認してみてください。

忙しくてデータ分析まで手が回らないという方へ


サイトを改善するには、個々のページの状況をしっかり把握していくことが重要です。ここまで解説してきたアクセス状況の調べ方で「ユーザー数」「セッション数」「PV数」のそれぞれ数値を知っておきましょう。
PV数はさらに「ページ別訪問数」まで抑えておくと、アナリティクスのデータを正しく解釈できるようになると思います。

でも、大きなサイトを持っている場合、一つ一つのページの状況を把握することはとても大変ですので、そうした作業になかなか時間を割けないという担当者の方もいらっしゃるかと思います。弊社では「サイト保守サービス」など取り扱っております。そのサポートではGoogleアナリティクスの設定サポートや毎月のサイト分析のレポートなどサービス内容に含まれているので初心者の方でも安心です。
気になる方はまずはお問合せください!

気になる方はまずはお問合せください!
ご相談・お問い合わせはコチラ!

この記事を書いた人

営業部 エヌPROFILE
生まれも育ちも神戸の「とくれん」大好き神戸っ子。
2015年から一向社にて主にお客様とのやり取りを中心にクリエイティブな提案など業務としてます。
様々な広告に関する企画、ディレクション、リサーチ、プロモーション、いつも新しいことを探し、なんでもやってみる性格です。
趣味:
・モータースポーツ:エンジン付いていて動くものなら何でも好き!
・機械いじり:ネジが付いてるものならなんでも分解したい衝動に駆られます。
好きな食べ物:ビーフカレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。