PC診断に行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソナルカラー診断レポート

PC診断に行ってきました。




こんにちは、最近毎日卵かけごはんを食べています。
事務員Mです。


先日、パーソナルカラー診断(以下PC診断)に行ってきました。

まず、PC診断というのは、まさしくパーソナルカラーの診断です。
その人の生まれ持った色(髪・瞳・肌)と雰囲気が調和する色(=似合う色)のことです。
人それぞれ個性が違うように、似合う色も人それぞれ
色相/彩度/明度を軸に{春・夏・秋・冬}の4つのタイプに分かれます。


なぜ診断に行ったかというと、
純粋に自分がどこにいるのか気になったというのもありますが、
なによりメイク、髪色、メガネの色がなにが最適か知りたかったからです。



まず自己診断




ネット上にPC診断の自己診断ができるサイトや記事が多数あります。

基本的には
・春タイプの方は、肌がアイボリー系で明るい
髪や瞳がライトブラウン系でキラキラと輝いている印象。

・夏タイプの方は、肌がピンク系で明るく、髪・瞳がソフトなブラック。
ソフトでエレガント。

・秋タイプの方は、肌がオークル系、髪や瞳はダークブラウンで固め。
シックで落ち着いた印象。

・冬タイプの方は、肌タイプはピンク系で明るめの方も暗めのある。
髪や瞳が真っ黒で強い印象。


このように、肌の色味だけではなく、
・目の色
・髪質
などなど項目は多数。

診断していくと、自分では
・瞳の色は暗い
・地毛は真っ黒で固め
・肌の黄味は強いと思われる

などなどから、秋タイプと自己診断していました。



さて、本格的にサロンで診てもらった結果は…





サロンでの結果



イエローベースの春でした。




え、瞳ライトブラウンだと思ってなかったしなんなら目死んでるし
髪もライトブラウンじゃないのに!?

となりましたが、意外にも私が思っていた瞳の見方とは違い、
瞳孔と虹彩のコントラストで見るらしいです。
たしかに瞳はライトブラウンではないですが、瞳孔が真っ黒だからか虹彩とのコントラストがはっきりしています。
とはいえなにより説得力があったのは、ドレープ診断(色んな色の布を首元にあてて顔の印象の違いを見る)でした。
布をあててレフ板の効果が出る、顔の印象がパッと明るくなる色を探します。

すると、イエベ春に似合う布がかなり肌に合いました。
こればかりは自己診断でできるものではないので、ちゃんとサロンに行ってみてもらわないといけないなと思いました。

逆に、同行していた友人はブルーベースの夏でした。全然違うものですね。



ちなみにですが、最悪級に似合わなかったのがブルーベースの冬タイプです。
このブルーベースの冬には白色と黒色も含まれるんです。

そう、白と黒が似合いません。とても顔色が悪くなります。


フォーマルな場でよどんだ顔色の人がいたら、それは事務員Mです。
よろしくお願いします。


この記事を書いた人

事務員MPROFILE
事務員M

事務員をしています。会社が円滑に動くよう裏からサポートしています。業務効率化を目指して日々創意工夫中。

ほんわかした絵や似顔絵が得意です。社内でちょこちょこ素材増産中。

趣味はオタ活、好きなアイドルはなにわ男子です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加