はじめての医療費控除申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だれにもないしょで いりょうひこうじょしんせいなのよ
どうしたらいいのかな(uh~yeah~)

※まったく内緒じゃないです。







こんにちは、2020年歯の矯正治療を始めた事務員Mです。


歯科矯正といえば、自由診療。
莫大なお金がかかります。かかりました。

生活に大打撃を受けた私は、「2020年医療費が多くかかったし医療費控除申請をせねばならない」と気づきました。

かく言う私はというと、なんだかんだ入院や骨折もなくわりと健康に生きてきたため、今まで年間医療費が10万を超える年というものがなく、医療費控除申請をしたことがありません。



歯科矯正を検討し始め、医療費控除を意識したのは2020年5月頃。


医療費控除にはなにがいるんだ?
病院の領収書をしっかり保管していたか?
そもそも領収書をどう使うんだ?




こんな私でしたが、2021年2月、今手元には必要なカードが揃い、いつでも確定申告及び医療費控除申請ができるぞという体制です。
いつでもと言いましたが令和2年の確定申告期間は

令和3年2月 16 日(火)~4月 15 日(木)

です。
今すぐ走り出さないように。

そして申告期間も今年は新型コロナウイルスの影響で伸びたので焦らず行きましょう。

必要なものはなに?


調べたところ、医療費控除申請もとい確定申告に必要なものは下記らしいです。

・給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)
・私的年金等を受けている場合には支払金額などが分かるもの
・医療費の領収書等、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書、生命保険料の控除証明書、地震保険料(旧長期損害保険料)の控除証明書、寄附金の受領証 など



源泉徴収票はその年の所得の証明のため言わずもがな。
年金は私は受けていないので省きます。




医療費の領収書問題


医療費控除申請に最重要。
医療費の領収書。

まず医療にかかった領収書は多岐にわたります。
病院でもらった領収書、薬局でもらった領収書、介護おむつ代や通院にかかった交通費も含まれます。

ちなみに私が医療費控除を意識し始めたのは5月。
1月~4月の領収書の手持ちがまばらです。

しかし領収書の再発行は非常に難しく絶望的です。


※なんで領収書の再発行が難しいの?
二重発行した領収書を不正使用されるケースがあるからです。
紛失などと偽って発行された架空の領収書で経費を水増しされた場合、脱税の罪に問われます。
そして領収書を再発行した側は共犯の疑惑をかけられる可能性があるため、代金を受け取った側も簡単には再発行に応じられないのです。
小売店で領収書かレシートの片方しかもらえないのもこういうことです。




しまった…というときに助けてくれたのがこちら




「医療費のお知らせ」


「医療費のお知らせ」です。

医療費のお知らせとは、支払った医療費や健康保険組合が負担した給付金等がわかる明細書のようなもの。
保険証を提示して受けたものがズラッと載っています。
だいたい1月中に届きます。

確定申告で医療費控除の適用を受ける際には、「医療費のお知らせ」を医療費の明細書として利用できます。
ですので、私が領収書を紛失していた1月~4月の医療費もこの「医療費のお知らせ」に解決してもらう形になりました。ありがたすぎます。


もちろん、歯の矯正代金など自由診療でかかったものはこちらの明細には載らないので領収書をしっかり保持してください。


ちなみにですが、この医療費のお知らせは診療を受けた月から3~4か月後(審査機関での審査等を行った後)でないと送付されません。
11月と12月の診療分が確定申告に間に合わない可能性があるので、この期間のみ領収書を添付してください。




総括


さて、ややこしく説明しましたが、私(一人暮らし、独身、生命保険等なし)が申告で必要なものは

・源泉徴収票
・医療費のお知らせ
・医療費のお知らせに載っていない領収書



以上です。けっこう単純。
「入力方法の選択と医療費通知について」を参考に国税庁 確定申告書等作成コーナーにて確定申告書類を作成していきます。



俺のターン!ドロー!「申告書類」を守備表示で召喚!ターンエンド!「医療費控除」発動!




次回、『事務員M知る!無敵のオンライン申請』
デュエルスタンバイ!

※次回はありません。

この記事を書いた人

事務員MPROFILE
事務員M

事務員をしています。会社が円滑に動くよう裏からサポートしています。業務効率化を目指して日々創意工夫中。

ほんわかした絵や似顔絵が得意です。社内でちょこちょこ素材増産中。

趣味はオタ活。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加