私の家の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こんなタイトルですが某ドラマとは一切関係ありません。

一向社、事務員M、20代。
私には60代の、20代の娘を持つ者としては少々高齢な母がいます。


この母、最寄りの電車は2時間に一本、一番近いコンビニまで車で15分、保育所と小学校は次々と廃校、消滅可能性都市に認定、光ファイバー提供がなくネットは地元ケーブルテレビ頼み、というかなりの限界地域で住んでいます。


ネットには関心がなく、パソコンも未所持、電話にのみ使用するガラケー所持。
家の掃除とガーデニング、料理、ご近所付き合い、NHK朝ドラとブラタモリと韓国ドラマの再放送、図書館で借りてきた小説と家の光(雑誌)を娯楽に過ごしています。



が、

この記事 のように、遂に母もスマホデビューを果たし、ついでにインターネットデビューも果たしました。



ここから数カ月経過し、母、文字入力もできるようになり、メッセージアプリも使えるようになったのです。
スマホの使い方を苦労して教えた私、感無量でした。


娘「ちゃんと既読がつく…」





更には母、YouTubeも覚えました。

昔好きだった昭和歌謡を聴いて楽しんでいるようです。


娘「進歩…」






他にも先日、母とテレビを見ていた際にテレビで、小さい女の子がいぬのおまわりさんを歌っている動画が流れた時です。

母「お母さんもこの動画好きなのよ~」

娘「母が!!昭和歌謡以外の!!急上昇ランキングに上がってきたタイプの動画も!!見るようになっている!!」






そしてついに先日、母は言いました。



母「King Gnuの白日、いい曲よねえ~」







娘「母が!!King Gnuを!!!!!!

星野源や宇多田ヒカルをすっ飛ばして!!!!

キ、キ、King Gnuを!!!!!!!!!!!!」






そんなに大げさに驚くことではないとお思いでしょうが、これを驚くレベルで母は最近のJ-POPに疎かったのです。(香水も猫も知らない。あいみょんをaikoと間違える。Official髭男dismを何度説明しても「髭の」と言う。過去、AKB48が大流行、特にともちん(板野友美さん)が活躍していた頃にともちんのことを「あの子…あの…板ちん!」と言っていたレベル)



そんな母がまさか自らKing Gnuを覚えるなんて…と感無量です。

次は母はどんなカルチャーに触れていくんだろう…と、楽しみにしています。




そんな私の家の話でした。







余談


母が「ネットニュースで見たんだけど、芸能人の○○と○○が熱愛って本当?」と聞いてくるようになったので、ネットニュースはあまり鵜吞みにしないようにとアドバイスを入れました。

インターネットにおける情報の取捨選択、大事、大事。

この記事を書いた人

事務員MPROFILE
事務員M

事務員をしています。会社が円滑に動くよう裏からサポートしています。業務効率化を目指して日々創意工夫中。

ほんわかした絵や似顔絵が得意です。社内でちょこちょこ素材増産中。

趣味はオタ活、好きなアイドルはなにわ男子です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加