【ドメインパワー強化編】サイト流入を増加させるための対策を徹底紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトを検索上位させるために必要なドメインパワー。
マーケティング担当者の中には、実際にドメインパワー強化の仕方がわからない方も多いのではないでしょうか。
ドメインパワーを強化することで、自社サイトへのユーザーの流入を増加させることができます。
今回は、ドメインパワーを強化をする必要性から強化するうえでの注意点、また実践する方法を紹介します。

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、サイトのドメインが検索エンジンにおいてどれくらい評価されているかの指標です。
検索エンジンはコンテンツに対しても評価を行なっていますが、サイトに対しても評価を行い、上位表示させるものを選定しています。
そのため、ドメインパワーが強くなると自社サイトやコンテンツが検索上位表示されやすくなります。
ユーザー数を増やしながら自社サイトを持続的に運用していくためには、ドメインパワーをつけることが大切です。

ドメインパワーを強化する必要性

ドメインパワー強化する必要性をわからないまま、実践すると誤った強化方法になってしまします。
ドメインパワーを強化するために、まずはドメインパワーの必要性について紹介します。

検索上位表示がされやすい


ドメインパワーを強化するとユーザーが検索エンジンで調べた際に、自社サイトが表示されやすくなります。
例えば、全く同じコンテンツをドメインパワーの異なるサイトにあげたとすると、ドメインパワーが強いサイトのコンテンツが上位表示されます。
ドメインパワーが強いほど、自社サイトが検索で上位表示されやすく、コンテンツもユーザーに見てもらいやすくなります。
コンテンツの質を高めてもドメインパワーが弱ければ、自社サイトへユーザー流入を増やすことができません。
ドメインパワーを強化し、自社サイトやコンテンツが検索上位表示をされるようにしましょう。

検索エンジンに登録されやすい


ドメインパワーを強くすれと、検索エンジンに登録されやすくなります。
ドメインパワーが強いサイトは、クローラーが頻繁にアクセスを繰り返すことで、記事が表示されやすくなります。
ドメインが強いサイトでは記事をアップしてから検索エンジンに登録されるまで約1時間程度ですが、弱いサイトでは約1日ほどかかります。
イベントなどの告知をている記事は早くユーザーに届けた方が、イベント動員数もあがるため、検索エンジンに登録される時間が短い方が検索上位表示されやすくなります。
検索エンジンに登録されやすいサイトにする方がサイトを持続していくうえで有利にな流でしょう。

ドメインパワーを強化する注意点



ドメインパワーを強化する際の注意点が二つあります。
注意点を意識しながら、強化方法を実践しましょう。

WebサイトのSEO対策をする


ドメインパワーを強化するには、自社サイトのSEO対策が必要です。
検索上位表示させるための指標は、ドメインパワーだけではありません。
ドメインパワーが強くてもコンテンツがユーザー向けに作られてなかったり、コンテンツ自体の中身が薄かったりすると、コンツンツ数を増やしても検索の上位表示が取れません。
また、ドメインパワーが強くなって自社サイトに訪れるユーザーが増えても、コンテンツに必要な情報が載っていなければ、離脱率が上がり、自社サイトへのユーザー数増加にはつながりません。
自社サイト流入を増やすには、ドメインパワーを強化するだけでなく、自社サイトのSEO内部対策も必須であるため、注意しましょう。
SEOの内部対策については【Web集客全般編】サイト流入を増加させるための対策を徹底紹介を参考にしてください。

ペナルティを受けないようにする


ペナルティとは、Googleが提供しているガイドラインに違反することを指します。
ペナルティを受けてしまうと検索順位を下げられてしまう可能性があります。
例えば、被リンクを大量にお金を出して購入したり、品質が低いコンテンツを上げ続けると、ドメインにペナルティを受けます。
一度、ドメインにペナルティを受けると、ドメインを強化がしにくくなります。
強化する方法を実践する際は、ペナルティを受けないように注意しましょう。

ドメインパワーを強化する方法

間違った方法で対策していても、ドメインパワーは強くなりません。
実際に効果のあるドメインパワーを強化する方法について紹介します。

関連キーワードの記事数を増やす


関連キーワードの記事数を増やすことが、ドメインパワーを強化する方法の一つです。
関連キーワードで記事をアップし続けると、サイト自体が何を発信したいのかが明確になります。
また、ターゲットとなるユーザーに情報が届きやすく、狙ったキーワードで検索がしてもらえるようになります。

被リンクを獲得する


ドメインを強化するためには、他社サイトなどの別サイトからの被リンクを獲得する方法があります。
比較サイトなどに被リンクを貼ってもらい、紹介してもらうことで、有益な情報が載っているサイトだと認識してもらいやすくなります。また、被リンクによってユーザに見てもらえる回数が増えるので、Googleのクローラーにも見つけてもらいやすくなります。
被リンクが増えるように、ユーザーにとって有益な情報となる質の高いコンテンツを作成するようにしましょう。

コンテンツの質を高める


コンテンツの質を高めることも重要です。
Googleでは上位表示させる評価基準にコンテンツの質もあります。
ユーザーが求める有益な情報を発信することで、コンテンツの質を高めることができるでしょう。
また、最新情報を発信することでコンテンツの質を高めることもできます。
コンテンツの質をあげることで、コンテンツが上位表示されやすくなり、自社サイトのドメインパワーも強くなっていきます。ユーザーにとって必要である有益情報の発信を心がけましょう。

更新頻度を高める


コンテンツの質だけでなく、コンテンツの量も重要です。そのため、より多くのコンテンツをあげるように、自社サイトの更新頻度を多くするようにしましょう。
更新頻度をあげると最新記事が増え、クローラーに見つけてもらえる頻度が高くなります。また、結果的にSEO内部対策となり、記事が検索上位表示されやすく、自社サイトの流入増加につながります。
ただし、更新頻度を高めるために、コンテンツの質を落としてしまうと逆効果になるため注意しましょう。

サイトを長期的に運用する


サイトを長期的に運用することでドメインパワーの強化につながります。
ドメインはサイトを開設してすぐに強化されるものではありません。
SEO対策や内部対策を合わせて行うことでドメインは強化される点に注意しておきましょう。
また、運用歴が長いだけでドメインが強くなることもありません。
ドメインパワーを強化するために運用歴が長いドメインを購入してしまうと、ペナルティを受けているサイトを運用してしまう可能性もあります。
自社サイトを長期的に運用し、ドメインを地道に強化していくことをおすすめします。


まとめ


ドメインパワーの必要性や実践する方法を紹介しました。
ドメインパワーを強くすれば、自社サイトの流入を増やすことができます。
しかし、誤った方法をしているとドメインパワーが強くならないだけでなく、ドメインにペナルティを受けてしまうことがあります。
ドメインパワーを強化する重要性を知り、適切な対策をしていきましょう。

ドメインパワーを強化し、サイト流入を増やす方法などお困りの方は、
お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

営業部 TPROFILE
株式会社一向社 営業部
営業一筋30年(もうすぐ)。前職では営業コンテスト7位(300人中)の実績あり。主任、係長、課長、事務局長を経て、一向社に転職。
展示会のワンストップサービス構築の実績あり。一向社の「プロマケ」サービスなどサービス構築の中心的存在?。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。