東京でグラフィックデザイン専門学校に入るならどんな学校がある?おすすめ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「トリセツ」担当のマルです。
前回は、グラフィックデザインの専門学校はどんなところで、どんなサイトから見つけるのがいいのか?という記事を書きました。
今回はさらに地域を絞って、東京でグラフィックデザインの専門学校に行く場合、どんな学校があるのか?ということについてご紹介していきたいと思います。

1.東京デザイン専門学校(グラフィックデザイン科)


就学期間:2年
学費:1年次…1,280,000円 2年次…1,100,000円


1年次にPCスキルや造形力といったデザインの基本を学び、2年次から希望に沿って「広告」「Web/編集」「パッケージ」「グラフィックアート」という4つの専攻を選んで専門性を高めることができます。
教員も現役で活躍するグラフィックデザイナーが多数在籍しており、効率よく実践的なデザインスキルを学ぶことができます。企業とのコラボ(産学協同活動)にも力を入れており、社会との関わりの中でクリエイティブワークに取り組むこともできます。商店街とコラボして実際の商品を作るといった取り組みもあり、実践力を身に着けることに力を入れている学校です。

2.桑沢デザイン研究所


就学期間/学費:
昼間部(3年) 1年次…1,580,000円 2年次…1,280,000円 3年次…1,280,000円
夜間部(2年) 1年次…795,000円 2年次…630,000円


1954年に設立されたという日本初の「デザイン」学校です。入学試験もある、本格的な芸術系デザイン学校です。
昼間部と夜間部があり、夜間部であれば働きながら通うことも可能です。
名前の「デザイン」の学習に特化しており、「ビジュアルデザイン」「プロダクトデザイン」「スペースデザイン」「ファッションデザイン」の4つから専攻を選ぶようになっています。
昼間部の場合1年目はデザインの基礎を学んで2年から専攻を選び、夜間の場合出願時に専攻を選びます。
カリキュラムとしては、専門学校よりも美大寄りと思ったほうがイメージに近いかもしれません。

3.東京モード学園(グラフィック学科)


就学期間:3年
学費:年間1,143,000円(別途入学金 300,000円)


芸術系の専門学校では大手の専門学校です。ファッションやスタイリスト関係の学科がメインですが、グラフィックデザイン学科があります。
1年次にデッサンやPCソフトの操作など基礎を学び、2年・3年次で発展させたデザイン表現と企画・プレゼンテーションなどの応用した表現力を身に着けることができます。
就職支援制度も充実しており、就職指導担任がマンツーマンで本人の希望を聞きながら指導します。

4.東京デザインプレックス研究所


就学期間:カリキュラムにより異なる(1.5カ月~9か月程度)
学費:カリキュラムにより異なる(約400,000円~約700,000円程度)


「デジタル技術×デザイン表現力×ビジネス感覚」を兼ね備えたデザイナー・ディレクターの育成をコンセプトにした専門学校です。学費は比較的安く、夜間や短期集中型のカリキュラムになっています。短期集中ですがコースは多彩で、DTP・編集やアート分野、ディレクターなど様々な分野のコースから選択することができます。
実際に活躍するプロのデザイナー・クリエイターが講師となって教えてくれるため、実践を重視した教育方針となっています。

5.デジタルハリウッド 東京本校(グラフィックデザイン講座)


就学期間/学費:
グラフィックデザインマスター講座(4カ月/330,000円)
グラフィックデザイン講座(4カ月/275,000円)
グラフィックデザインベーシック講座(2カ月/165,000円)


クラス授業・オンライン授業・個別指導を併用したスクールです。
こちらも2カ月若しくは4カ月で、短期集中型のカリキュラムになっています。
社会人や就活中の大学生、子育て中の方でも自分のスタイルに合わせて学習できるように、オンラインでの学習などのシステムが充実しています。
「グラフィックデザイン講座」の内容としては、デザイン基礎/ソフト技術の習得/発想力/企画立案/プレゼンテーション/デザイン構成/UX/パッケージデザイン/ロゴデザイン/広告デザイン/DTP/マーケティングなど、多方面にわたる分野を学習することができます。

まとめ


今回は、場所を東京に絞って、グラフィックデザインの専門学校についてご紹介してきました。昼間でじっくり学ぶコースや、社会人が仕事と両立しながら学ぶコースが学校によって用意されており、就学期間や学費も様々です。
厳選してのご紹介となりましたが、東京でグラフィックデザインの専門学校を探している方の助けになれば幸いです。

この記事を書いた人

マルPROFILE
2005年、一向社に入社。
15年くらい、おもにSHARPさんの液晶テレビ「AQUOS」の取扱説明書(以下「トリセツ」)を作っています。

・Acrobat(PDF)で、トリセツの原稿を作ります。
・InDesignで、紙トリセツのデータ編集をします。
・Dreamweaverで、電子トリセツ(HTML)のデータ編集をします。
・Illustratorで、トリセツに掲載するテクニカルイラストを描きます。
・トリセツの内容を、隅から隅まで校正します。

特技はマラソンで、昔は頑張ってましたが最近はあんまり走れてません…。
趣味は音楽、好きなバンドはナンバーガールです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。