【Googleアナリティクスの使い方】
次世代のGoogleアナリティクスをちょこっと紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイト運営者のみなさま、Googleアナリティクスはうまく使いこなせていますか?
今回はGoogle アナリティクスの最新バージョンの「Google アナリティクス4 プロパティ(GA4)」について軽く触れます。
従来のGAとの違いやGA4に移行すべきかなどをご紹介します。

「Google アナリティクス4 プロパティ(GA4)」とは?


まず、従来のGoogle アナリティクスは、2005年にリリースされたGoogle社が提供する無料アクセス解析ツールです。今回ご紹介しますのは「Google アナリティクス4 プロパティ(以下、GA4)」とは、2020年10月にリリースされた最新版のGoogleアナリティクスで、Google アナリティクスの歴史の中で機能も見た目も最も大きく変化しています。2019年にベータ版として導入された「アプリ+ウェブ プロパティ(ベータ版)」を基盤に改良されたものとなっています。元々アプリとウェブをまたいで分析できるベータ版のプラットフォームとして公開されていました。

Google アナリティクスの課題


従来のGoogle アナリティクスのセッションベースでのデータは、ユーザーをベースとした他データとの連携に大きな障害となっており、サイト内における複数セッションをまたいだユーザー行動の把握を難しくしています。

例えば
「ページ」を開いただけの場合と、スクロールなどで最後まで見た場合
「ページ内で完結する」動画メインのページで、視聴時間など違いがある場合
「ページの概念が存在しない」アプリなどの場合
「ページの切り替えがない」タイプのページ内のインタラクションが可能なWebサイトやサービスやゲームなど


ページの内容によって「同じ1ページ」と計算するセッションをベースとした分析は時代にそぐわなくなってきており、ユーザーベースに転換するためにGA4はリリースしたと言われてます。
さらに今回のアップデートの背景には、昨今の個人情報保護の観点からcookie情報の取り扱い規制が強まってきていることが挙げられます。プライバシーに配慮した設計や機械学習を活用した新しい機能が追加されています。そういった状況を見据えてアップデートされたのがGA4です。

従来のGoogle Analyticsとの違い


アップデートされたGA4では、今のネット事情に合わせ内容が刷新されています。ですがそのあまりの変容ぶりに導入に踏み切れないでいるユーザーも多いようです。

大きく見た目が変わる


例えば「リアルタイム」の画面でも下記のように大きく見た目が変わりました。

従来の「リアルタイム」画面
GA4の「リアルタイム」画面
まず、レポート全体が大きく6つに分類されました。左のメニューは上から順に「ホーム」「リアルタイム」「ライフサイクル」「ユーザー」「イベント」「探索」の6つです。(→こちらは次回にでも説明いたします)
レポートのUIは従来のGoogleアナリティクスとは大きく異なるため、慣れるまではしばらく時間がかかるかもしれません。


GA4を導入することの新しいメリット



1.機械学習の導入
実際のユーザー行動を元にした過去データの分析が主体でしたが、機械学習を導入し過去データからの将来予測がGoogle アナリティクス上で行えるようになります。

2.ユーザーを中心とした測定
スマホやPC・タブレットといったデバイスごとにユーザーを判別していたため、同一のユーザーでも別ユーザーとして判別される問題点がありましたが、複数のIDを総合して、ユーザーのクロスデバイス(複数のデバイスをまたがった)行動を把握できるようになります。

3.自動計測の充実
個別でタグの設定が必要であったためイベント計測が不便でしたが、「スクロール数」や「離脱クリック」「サイト内検索」「動画エンゲージメント」といったイベントが自動で計測できるようになりました。

4. より深いデータの活用
有償版「GA360」のみに搭載されていた、BigQuery(Googleの提供するDWHサービス)へのデータエクスポート機能が標準搭載され、GA4で計測したイベントのローデータとBigQueryを連携することで、より高度なデータ分析〜活用が可能になります。

「ユーザー単位」での計測が可能に?


これまでの計測は「ページ」単位での確認が主流であったのに対して、GA4では「ユーザー」単位での計測に変化しました。 また、これまでの分析は「セッション」方法での確認が主流であったのに対して、GA4では「イベント」方法での分析に変化しました。
これはつまり、ページに残る結果しか得られなかった従来から、その結果が残るにあたっての「ユーザーの行動」までを把握することが可能となったと考えられます。

忙しくてGA4の導入まで手が回らないという方へ


GA4については公開されたばかりのため、まだまだ手探り状態で、特にイベント設定や分析の使い方の習得には時間がかかりそうです。とはいえ、トラッキングコードを設置するだけであれば特別なスキルは必要ありませんので、プロパティを作成してデータ取得を開始しておくことをおすすめします。
将来新たな機能が追加された際に、データが蓄積されていることがメリットになるかもしれません。
今のところ、旧来バージョンと並行して利用することが可能ですが、データ蓄積のためにも、早めに導入、移行することが望ましいと考えられます。

GA4の導入などそうした作業になかなか時間を割けないという担当者の方もいらっしゃるかと思います。弊社では「サイト保守サービス」など取り扱っております。そのサポートではGoogleアナリティクスの設定サポートや毎月のサイト分析のレポートなどサービス内容に含まれているので初心者の方でも安心です。

気になる方はまずはお問合せください!
ご相談・お問い合わせはコチラ!

この記事を書いた人

営業部 エヌPROFILE
生まれも育ちも神戸の「とくれん」大好き神戸っ子。
2015年から一向社にて主にお客様とのやり取りを中心にクリエイティブな提案など業務としてます。
様々な広告に関する企画、ディレクション、リサーチ、プロモーション、いつも新しいことを探し、なんでもやってみる性格です。
趣味:
・モータースポーツ:エンジン付いていて動くものなら何でも好き!
・機械いじり:ネジが付いてるものならなんでも分解したい衝動に駆られます。
好きな食べ物:ビーフカレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加