グラフィックデザインの作品集を
Webでつくるヒト、増えてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイターやデザイナーの世界では、主に営業活動や就職活動時のために実績をまとめた作品集を「ポートフォリオ」と呼んでいます。
グラフィックデザインの場合、A4のクリアファイルなどに作品の写真や説明をまとめる形式が一般的でした。
その後、数年前に私が転職活動していた頃は、PDFファイルでのポートフォリオ提出を求められることもありましたが、最近では、ポートフォリオをWebサイト上で制作する方も増えています。

ファイル形式では自信のある作品から順番に展開する場合が多いですが、Web形式であれば、業種や媒体で絞り込んで見せやすいという利点があります。
また、Web形式ではURLを連絡すればいいので、採用側の関係者が多い場合は瞬時に共有できるのも利点です。

作品集に掲載すること

作品の画像


なんと言ってもこちらが必要です。
新卒採用であれば、学校の課題や自主制作でも大丈夫です。
第一印象が大切なので、自信がある、得意だと思う作品を前半に配置しましょう。

自己紹介


これまでの制作業務を振り返ってどの部分にやりがいを感じるか、また、これから取り組みたいことなどをアピールしましょう。
応募した企業の方向性と合うかの指標となります。

経験した業種


中途採用の場合、経験した業種もカテゴライズしてあると、採用側が即戦力としてのイメージを描きやすくなります。

企画やデザイン等、どの段階に関わったか


各作品へのコメントでは、企画やデザインなどのどの段階から関わったかを提示しましょう。
案件のヒアリング段階ではクライアントの要望が曖昧な場合もあります。ヒアリングで得た情報を膨らませて企画・デザインした経験がある場合はアピールポイントになります。

プロモーションへの関わり


商品やサービスのプロモーションの中では、パンフレット、チラシ、看板など様々なツールを制作します。また、新聞や交通媒体など広告出稿する場合、それぞれの媒体の特性を考えた構成が必要になります。プロモーション全体を通じて制作した経験は、ぜひアピールしてください。

使用ソフトウェア


グラフィックデザイナーの場合はAdobe Illustrator、Photoshopが必須ですが、グラフィック以外の領域の制作も増えているため、XDやAfter Effectsなど他のソフトウェアが使えるなら積極的にアピールしましょう。習熟度を星の数などで表現しているとわかりやすいですね。

ポートフォリオが作成できるサイト

matchbox


https://matchbox.work/

マイナビグループの(株)マイナビワークスが運営するサイトです。
公開範囲を
・パスワードなしで公開
・パスワードを設定して公開
・公開しない
などに設定することができます。
グラフィックに限らず動画などのフォーマットにも対応しています。
マイナビグループ運営だけに、転職希望時期を登録して直接企業に見てもらうことが可能です。

behance

https://www.behance.net/

Adobeが運営しており、無料で利用できるポートフォリオサイトです。
Adobeアカウントがあれば作成できます。
グラフィックデザインだけでなくWeb・動画・建築など様々なジャンルが登録されていること、海外クリエイターの登録が多いことから、幅広くデザインの参考にしたり、動向を捉えたりするのにも役立ちます。

また、ホームページの作成サービスを利用するのもお手軽です。
・Wix.com( https://ja.wix.com/ )
・STUDIO( https://studio.design/ja )
などがあります。

その他にも、Adobe XDの共有モードを利用して応募される方もいらっしゃいました。




Web形式の作品集は、クリエイター側としては更新が容易でタイムリーな見せ方ができますし、採用側としても手軽に見られるので、これからますます活用が進むと思われます。
無事に書類審査を通過し面接に進んだ際には、機器トラブルが無いとも限りませんので(笑)、ファイル形式の作品集も持参した方が無難です。荷物は増えちゃいますが…(^^;

この記事を書いた人

つーちゃんPROFILE
広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務後、一向社に入社。どんなジャンルでもやりたがる方ですが、パンフレット考えるのが割と好きです。Webマーケティング勉強&実践中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加