InDesignの「表スタイル」「セルスタイル」機能を使って、「しましまの表組」を作ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当記事に使用している個人情報データはダミーです。

こんにちは、「トリセツ」担当のマルです。
先日の記事に続いて、今回もInDesignの機能についてご紹介しようと思います。

本日ご紹介するのは「表スタイル」「セルスタイル」の機能です。

表スタイル・セルスタイルとは?


表スタイル・セルスタイル機能とは、InDesignに実装されている、表組の見た目・レイアウトについて一括で設定する機能です。
表スタイルは表組全体に関わる設定、セルスタイルはセル1個に対して行う細かい設定になります。セルスタイルで塗り・線などの細かい設定を行い、そのセルスタイルの設定も引用しながら、表スタイルのほうで表全体の設定をしていくことになります。

表スタイル機能を使って「しましまの表組」を作ってみる

表スタイルを使うと、後述する「繰り返し」機能により、1行ごとに罫線や塗りの違う『しましま』の表組を簡単に作ることができます。この機能を使うと、見た面にも見やすくきれいな表組ができます。さらに、Illustrator等で作るときと比較して、変更が入った際に、飛躍的に修正作業・チェックの時間と手間を短縮できます。
たとえば、表組を作成した後に「1行削除」のような修正が入ることは頻繁にあります。こういった修正作業が、あらかじめ表スタイルを適用しておくことで、「行を選択」→「削除」のわずか2ステップで完了できます。

設定手順


まず、InDesignの「表スタイル」「セルスタイル」を設定する前に「段落スタイル」を設定してやる必要があります。
段落スタイルについては、過去に書いたこちらの記事でも解説していますので、併せてご覧ください。

それぞれ、後の工程で前に設定したスタイルを引用する必要があるため、スタイルの設定は必ず

(1)段落スタイル
(2)セルスタイル
(3)文字スタイル

の順番で行うようにしてください。

1.「段落スタイル」の設定を行います。
今回は、「ヘッダー」「表_内容_左寄せ」「表_内容_中央揃え」の3種類のスタイルを作成しました。
2.表組を作成します。
Excelデータ等をもとに、表組データを作成します。
表組の作成方法は、こちらの記事をご覧ください。
※ヘッダー行を作成する場合は、このときヘッダーにしたい行を選択して、右クリックメニューから「ヘッダー行に変換」を選びます。
3.「セルスタイル」の設定を行います。
「セルスタイル」では、手順1で設定した段落スタイルを引用するほか、セルの塗り(背景色)やセル境界の罫線、テキストの配置などを細かく設定することができます。
今回は、段落スタイル同様「ヘッダー」「表_内容_左寄せ」「表_内容_中央揃え」の3種類のスタイルを作成しました。
※セルスタイルは「表スタイル」の設定時のみ使用し、手順2で作成した表組みに直接適用しないようにしましょう。直接適用するとそちらが優先されるため、以後の表スタイルで設定した内容が反映されなくなります。
4.「表スタイル」の設定を行います。
まず「一般」からそれぞれの行・列にどのセルスタイルを適用するかを設定します。
次に「表の設定」を行います。今回は、「表の外枠線」を2ptと太めにしたのと、「表と段落のアキ」で表の前後に1mmのアキを設定しました。
「行の罫線」「列の罫線」でも繰り返しの設定をすることができます。今回は設定しないので説明は割愛します。
最後に今回のキモとなる「塗りのスタイル」を設定します。「繰り返しの適用」で「1行ごとに反復」を選択します。あとは「繰り返し」の部分で、最初の1行と次の1行を任意のカラーにすることで、『しましま』の表組にすることができます。
※カラーはあらかじめスウォッチに登録されている必要があります。特殊な色を使いたいときは、あらかじめスウォッチに設定しておきましょう。濃淡のパーセンテージはこの表スタイルから設定できるので、たとえばグレーにしたいのであれば、あらかじめ設定されている「黒」を選んでから濃淡を設定すればOKです。

5.最後に、手順2で作った表組を選択して、今作った表スタイルを適用します。

まとめ


このように、表スタイル・セルスタイル機能を使うと、作業時間を短縮しつつ見ためにもきれいな表組を作成することができます。1つスタイルを作ってしまえば、あとはプレーンな表組にスタイルを適用していくだけで何個でも同じスタイルの表組ができますし、カラーバリエーションを変えるくらいなら違うスタイルもすぐできます。
少し難しいですが、やってみると結構楽しいので、機会があればぜひチャレンジしてみてください。

取扱説明書制作についてのお問い合わせはこちら

この記事を書いた人

マルPROFILE
2005年、一向社に入社。
15年くらい、おもにSHARPさんの液晶テレビ「AQUOS」の取扱説明書(以下「トリセツ」)を作っています。

・Acrobat(PDF)で、トリセツの原稿を作ります。
・InDesignで、紙トリセツのデータ編集をします。
・Dreamweaverで、電子トリセツ(HTML)のデータ編集をします。
・Illustratorで、トリセツに掲載するテクニカルイラストを描きます。
・トリセツの内容を、隅から隅まで校正します。

特技はマラソンで、昔は頑張ってましたが最近はあんまり走れてません…。
趣味は音楽、好きなバンドはナンバーガールです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。