InDesignの特徴ってなに?
Illustratorとの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「トリセツ」担当のマルです。
本日は、意外と馴染みのない方も多い「InDesign」ってそもそも何?という話をしたいと思います。

以前から、たびたびInDesignの小ネタについてのご紹介はしてきましたが、そもそもInDesignというソフトに馴染みがない方も多いのではないでしょうか。
InDesignは、Adobeの提供するDTPソフトウェアです。
もともと紙媒体のレイアウト用ソフトですが、近年のバージョンでは動画の埋め込みや電子媒体への書き出し機能など、デジタル化にも対応した機能が追加されています。

他のAdobeソフト(Illustrator、Photoshop等)との連携も容易にできるよう作られており、作業面ではIllustrator、Photoshopの編集可能なデータ(拡張子「.ai」、「.psd」など)をそのままInDesignデータ(.indd)上に配置できる点が、大きなメリットになります。

Illustratorとの違いは?


Illustratorもレイアウト用ソフトですが、InDesignとは若干目的が異なります。印刷物を例にすると、ページ数の多い印刷物を作るのに適したソフトがInDesign、単ページのチラシ・ポスターやページ数が少なめの冊子を作るのに適したソフトがIllustratorです。Illustratorのほうが自由なデザイン・レイアウトの制作に向いているため、デザイナーの方はIllustrator・Photoshopのほうを使い慣れていることが多いと思います。

InDesignを使う場合は、IllustratorやPhotoshopと併用するケースがほとんどです。一方、Illustratorをメインで使う場合は、Photoshopの画像データをリンクすることはありますが、InDesignは使用しないケースが多いかと思います。最近のIllustratorには複数アートボードの機能があり、ページ数が少なければIllustratorで作業したほうが早い、作業しやすいといったケースもあるでしょう。

InDesignの代表的な機能


親ページ

InDesignにあってIllustratorにない機能の代表的なものとして、「親ページ」(旧称:マスターページ)機能があります。
「親ページ」とは、簡単に言うとレイアウトの雛形を作る機能です。ページのどの位置にページ番号が振ってあり、どの位置にインデックス・ヘッダ・本文があり、紙面の端からレイアウトエリアまでの余白(マージン)は何ミリで…といった基本的なレイアウトの情報を取り決めたページのことを、「親ページ」といいます。旧バージョンで「マスターページ」という名称になっている場合もありますが、これは同じ機能になります。
親ページの代表的な機能が「自動ページ番号」です。この機能を使うと、親ページを適用した範囲にページ番号が付くため、ページ数の多い冊子に適しています。

段落スタイル・文字スタイル

もう一つの代表的な機能として、「スタイル」機能があります。
詳しくは過去のこちらの記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

InDesign・Illustratorの段落スタイル・文字スタイルを使い分けよう!
スタイル機能の活用法と、InDesign・Illustratorの違いについて


表組機能

InDesignでは、自由にレイアウトを編集できる表組作成機能も搭載されています。
この表組機能はIllustratorに無いため、表組が多い印刷物等の場合、InDesignのほうが効率的よく作業できる場合があります。詳しくは、こちらの記事でご紹介しています。

ExcelデータをInDesignに変換する!
InDesignの表組機能を使ってみよう


InDesignの「表スタイル」「セルスタイル」機能を使って、「しましまの表組」を作ってみた

まとめ


個人的な感覚として、Illustrator・Photoshopは使えるけどInDesignは使えない、という人は非常に多いように思います。もちろんあまり必要ないから習得していないという人がほとんどかと思いますが、中にはInDesignを習得すればもっと効率的に作業できるけどやり方がわからない…という人もいるでしょう。
確かに、データ構造がIllustratorとは根本的に異なるので慣れは必要ですが、慣れれば効率アップにつながるケースは多々あると思います。
今までの記事が、そんなInDesignを使いたい方々の一助となれば幸いです。

この記事を書いた人

マルPROFILE
2005年、一向社に入社。
15年くらい、おもにSHARPさんの液晶テレビ「AQUOS」の取扱説明書(以下「トリセツ」)を作っています。

・Acrobat(PDF)で、トリセツの原稿を作ります。
・InDesignで、紙トリセツのデータ編集をします。
・Dreamweaverで、電子トリセツ(HTML)のデータ編集をします。
・Illustratorで、トリセツに掲載するテクニカルイラストを描きます。
・トリセツの内容を、隅から隅まで校正します。

特技はマラソンで、昔は頑張ってましたが最近はあんまり走れてません…。
趣味は音楽、好きなバンドはナンバーガールです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加