今注目の「インサイドセールス」とは?MA(マーケティングオートメーション)を活用して効率UP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インサイドセールスとは?




セキュリティの強化やWebマーケティングの台頭で、訪問営業(フィールドセールス)が難しくなっている状況の中、新しい営業手法として注目されているのが「インサイドセールス」です。

従来の営業活動では、展示会で名刺交換したりWebサイトなどから問い合わせがあった見込み客にアポイントをとり、訪問・提案・成約と進めていくことが一般的でした。
この手法は属人性が強く、特にBtoBの営業では時間を要します。
インサイドセールスでは、展示会やWebサイトで得られた顧客リストに対し、商談までDM・メール・電話などで継続的にアプローチします。必要に応じてWebセミナーも考えられますね。これまで営業が行なっていた業務を社内で分担することで、効率化・スピードアップを図れます。営業はその分提案の質を上げ、クロージングに注力できます。

インサイドセールスの一部を自動化できるMA(マーケティングオートメーション)



当社では、インサイドセールスにMA(マーケティングオートメーション)ツール「SATORI」を導入しています。その中で、インサイドセールスに特におすすめの機能はスコアリングです。

スコアリングとは、
・Webサイトで特定のページを閲覧した履歴
・メール既読
・メール中のURLをクリック
・資料請求
・料金表ダウンロード
などにあらかじめ設定した点数を加算しておく仕組みです。
点数の高い=製品やサービスへの関心が高い顧客を可視化できます。
顧客のスコアが一定水準を超えたら、社内メールで営業担当者に通知されます。高スコアの顧客は、既に製品やサービスへの関心が高まっているので、アポイントを獲得しやすい顧客と言えます。この手順は自動化できるので、業務改善にもつながります。もちろん、テレワーク(リモートワーク)中でも顧客にアプローチできるので、より多くの機会創出に貢献します。

インサイドセールスやMAの導入って実際どうなの?と思われた方は、下記よりお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

つーちゃんPROFILE
広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務後、一向社に入社。どんなジャンルでもやりたがる方ですが、パンフレット考えるのが割と好きです。Webマーケティング勉強&実践中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。