[中小企業・小規模事業者必見] IT導入補助金を活用したMAツール導入の勧め
ー従来の1/4のコストで企業課題を解決!ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月の緊急事態宣言以降、ビジネス形態が激変し、リアルからデジタルへの移行に因る新規顧客獲得施策がクローズアップされています。
そんな中、経済産業省から、中小企業・小規模事業者に対して令和元年度補正のIT導入補助金(A類型・B類型)に加え、「令和2年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金)特別枠(「C類型」)が設けられ、最大3/4の補助が受けられます。

IT導入補助金



©2020 一般社団法人 サービスデザイン推進協議会に因る事業目的は以下の通りです。
https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/
令和2年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)特別枠(以下、「C類型」)は、昨今の新型コロナ感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。

IT導入支援事業


弊社は経済産業省の定める「IT導入支援業者(ITベンダー・サービス事業者)」としてMAツール「SATORI」と付帯サービスを提供しています。

SATORIは、「リード管理」「リードジェネレーション」「リーとナーチャリング」「リードクオリフィケーション」「オートメーション」「レポート」それぞれの機能で、Webサイトを活用したプロモーション、マーケティングの支援を行うMAツールです。
(機能詳細は後程紹介します。)

導入及び、導入の初期設定費に、IT導入補助金を活用いただけます。

補助金を活用した場合


例えば年間利用金額¥2,992,000ー(・初期費用¥300,000- ・導入サポート¥100,000-・月額費用¥148,000×12ヶ月・コンサルティング/運用サポート¥68,000×12ヶ月)で申請が認められた場合、¥748,000ーで導入可能となります。
(金額は税別表記)
この制度の詳細は、「IT導入補助金2020 令和元年度補正サービス等生産祭向上IT導入支援事業」の特別枠(C類型)https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/を御覧下さい。

申請→実績報告までの4STEP


申請サポートも弊社にお任せ下さい。

MAツール「SATORI」でビジネスが変わる!



MAツール「SATORI」の多種多様な機能で非対面でのプロモーション・マーケティングが実現できます。
各機能で何が可能になるかをご紹介します。

リード管理機能


リードマネジメント機能
●実名/匿名でのリードデータ管理
メールアドレスがわかっている実名リードだけでなく、お問合せ前の匿名リードの管理ができます。

●様々な切り口でのリードデータ検索
個別検索、タグ検索、セグメント検索といった検索条件を設定して見込み顧客リストを作成し、メール配信やタグ付けができます。

●リードデータの登録/編集/削除
CSVファイルを活用したリードデータの一括登録/削除や管理画面からの個人情報の登録/編集/削除ができます。

●リードデータのエクスポート
検索条件に該当したリードデータをCSVファイルで出力する機能です。

リードトラッキング
●カスタマー詳細ページ
オンライン/オフラインのアクション履歴やスコア、付与されているタグ等、取得している個人情報を閲覧する機能です。

●複数ドメインのトラッキング
ドメインの異なる複数のサイトをトラッキングすることができます。

●アクセス企業一覧リスト
ウェブサイトを閲覧している企業名をIPアドレスから判別し、確認する事ができる機能です。

●タグ管理
オフラインの行動や、オンライン上の特定のアクションに対してラベルをつけて管理する機能です。

●セグメント管理
特定の行動や条件に属するユーザーをグループ化する機能です。広告配信やウェブ上でのポップアップやバナー表示の対象を定義します。

リードジェネレーション機能


ランディングページ制作
●ウェブページ制作
自社で管理するウェブページをひな形として、同内容のウェブページを簡単に作成、それを編集できる機能です。

●画像のアップロード
ウェブページやメール、ポップアップ制作時に使用する画像を保存する機能です。

●電子ファイルのアップロード
資料ダウンロード等に使用する電子ファイルを保存する機能です。

その他
●フォーム
SATORIに自動連携されるフォームを作成する機能です。エンベッド(埋め込み型)とポップアップの二種を指定できます。

●ポップアップ
自社サイトを閲覧している見込み顧客に対して、ポップアップを表示することで、お問合せやウェブ遷移を推進します。

●プッシュ通知
自社サイトを閲覧していない見込み顧客に対して、ブラウザにプッシュ通知を表示し、自社サイトへの誘導を推進します。

リードナーチャリング機能


メール関連
●メール配信
SATORIに登録している見込み顧客に対してHTML/テキスト/マルチパート(受信者のメールソフト環境に合わせて HTML/テキストメールを表示)のメールを配信する機能です。

●シナリオ
ある条件をトリガー(開始条件)として、事前に設定した内容通りにステップメール送信やタグ付与等の自動化を行う機能です。

セグメント

●URL条件
セグメントを作成する際の要素となる条件を、アクセスしたURLや直前のURLの「パス」から設定する機能です。

●パラメータ条件
セグメントを作成する際の要素となる条件を、URLの末尾に付与した情報(パラメータ)をもとに作成できる機能です。

その他

●ポップアップ
自社サイトを閲覧している見込み顧客に対して、「フォームやバナーなどの」ポップアップを表示することでお問合せやウェブ遷移を推進します。

●プッシュ通知
自社サイトを閲覧していない見込み顧客に対して、ブラウザにプッシュ通知を表示し、自社サイトへの誘導を推進します。

●エンベッド
ウェブサイトの任意の箇所にフォームやバナーなどのコンテンツを埋め込み、ABテストやセグメント(ターゲット)別の出し分けをする機能です。

●Google/Yahoo/Facebookなどとの広告連携
広告配信サービスのリターゲティングタグを設定することで、特定のセグメントに対してのみ有効な広告配信を実現できます。

リードクオリフィケーション機能


●スコアリング
ウェブページの閲覧やメールのリンククリックといった条件で点数を加算して、見込み顧客の購買意欲を判定する機能です。

●Hotリード抽出
Hot条件のセグメントに該当した見込み顧客の抽出やメール通知により、タイミングの良いアプローチを実現します。

オートメーション機能


シナリオ関連
●メール配信
設定した条件をトリガーにして、事前に設定したメール送信を自動で行う機能です。

●ステップメール
設定しておいた内容のメールを日時指定でステップに分けて送信することができます。

●社内メール通知
設定した条件をトリガーにして、事前に設定した社内メンバーへの通知メール配信を自動で行う機能です。

●タグ追加
設定した条件をトリガーにして、事前に設定したタグの追加を自動で行う機能です。

その他

●Google/Yahoo/Facebookなどとの広告連携
広告配信サービスのリターゲティングタグを設定することで、広告配信対象の共有を自動で行う機能です。

●ポップアップ
ポップアップで表示させるフォームやバナーなどのコンテンツをABテストをしたり、ターゲット別に自動で出し分ける機能です。

●エンベッド
エンベッド(埋込型)で表示させるフォームやバナーなどのコンテンツをABテストをしたり、ターゲット別に自動で出し分ける機能です。

レポーティング機能


レポート

●ダッシュボード
実名/匿名のリード件数や推移、事前に設定した目標の達成件数や推移を閲覧する機能です。

●目標設定
任意のセグメントやタグを目標として設定する機能です。作成した目標は、直近の推移をダッシュボードに表示させることができます。

●キャンペーン設定
タグやセグメントを利用してキャンペーンリストを作成したり、費用対効果をレポートできる機能です。

●セグメントレポート
任意のセグメントに該当した見込み顧客の該当件数や推移をレポーティングする機能です。

まとめ


IT導入補助金を活用したMAツール導入の勧めー従来の1/4のコストで企業課題を解決!ーを紹介しました。
この状況がいつまで続くのか?いつ収束するのか?まだまだ予測ができません。
この時期にビジネスに新しいチャンネルを導入することは、コロナ収束後、従来のビジネススタイルに戻ってからも当然戦力となります。
このチャンスを期にこれからのビジネスで主力となるWebサイトを活用したプロモーション・マーケティングのデジタル化をぜひご検討ください。

問い合わせはこちらまで

この記事を書いた人

営業部 TPROFILE
株式会社一向社 営業部
営業一筋30年(もうすぐ)。前職では営業コンテスト7位(300人中)の実績あり。主任、係長、課長、事務局長を経て、一向社に転職。
展示会のワンストップサービス構築の実績あり。一向社の「プロマケ」サービスなどサービス構築の中心的存在?。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。