あなたは知ってる?「なろう系」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。空き時間に小説を読んだりしてる事務員Mです。

小説は、純文学、ライトノベル、推理、歴史、携帯小説などさまざまなものがありますね。
その中でも、最近は「なろう系」というジャンルがかなりの人気を集めています。

近年、人気ジャンルのひとつとなっている「なろう系」ですが、そもそもなろう系とは何かあまり詳しくない方もいるかもしれません。そこで、今回はなろう系とは何かを解説します。


なろうとは


まずこの「なろう」とは、「小説家になろう」のことです。
小説家になろうは、小説投稿サイトです。
作者登録することで無料で小説をウェブ上に公開することができ、ウェブ上で執筆が可能で、執筆者も閲覧者も多く、ここから書籍化された本も数多くあります。

こちらの小説家になろう、もちろんたくさんの作品がありジャンルも恋愛からファンタジーまで様々なのですが、中でもなろう系を確立したジャンルがあります。


それは、「異世界転生モノ

異世界転生モノ



異世界転生とは名の通り、「現代人が不慮の事故や病気などで死亡し、過去やゲーム内、ファンタジー空間などの異世界に転生し、新たな人生をスタートする」というものです。

主人公の設定は作品によって異なりますが、現代社会をうまく生きられず、その後悔を異世界で晴らすために行動するというパターンが多く見受けられます。

その中でも、現代社会では無力であったりうまく生きられなかった主人公が転生した先の異世界で非常に強い力や血筋を与えられ、異世界を無双する。という作品傾向がまず多く、女性向けのジャンルでは、自分がプレイしていた乙女ゲーム内に転生し、ゲーム内のキャラクターと実際に恋愛に発展するという展開も非常に多いです。

現代のストレス社会で生きる現代人の、ストレスから解放されて別の世界で楽しく生きたいという憧れや自己投影が反映されている傾向があり、少々ストレス社会の闇が見えますね…。

というところは置いておいて、とにかく小説家になろう内で人気を得ている作品は異世界転生無双モノが多く、「なろう系」という言葉で指されるストーリー内容はだいたいこれです。


ここから少しややこしい話になるのですが、「なろう系」は小説家になろうで投稿された作品のことで間違いありません。
ですが、この「小説家になろう」のなかでメジャーになった作品の大部分が異世界転生無双モノであり看板作品であるため、小説家になろう以外に掲載されている作品であっても、異世界転生無双モノであれば「なろう系」と呼ばれてしまうケースが多いです。

また、小説家になろうは小説投稿サイトであり出版社などの目が入っていないため、ストーリー展開や文章が拙いまま投稿されている作品がかなり多く、そういった素人の域を出ない作品を揶揄する意味で「なろう系」と呼ばれることもあります。

なろう系は一概にジャンルを指すだけでなく、こうして揶揄する意味で使われるケースもあるため注意が必要です。


なろう系っておもしろいの?


おもしろいものはおもしろいですし、おもしろくないものはおもしろくないです。
前述したとおり小説投稿サイトということで、出版社の目が入っているわけではないため、とてもおもしろい作品も読むに耐えない作品も大量にあります。人の感想などを見て自分の好みの向き不向きを決めたり、人気作品を読んだみたり、あえてマイナーどころを読んで良作を掘り出してみるのもありです。

私自身、先ほど言った転生無双モノ以外にも、推理物や歴史系などいろいろなジャンルを読んで楽しんでいます。

おすすめ作品


というわけで、私のおすすめ作品をご紹介いたします。

薬屋のひとりごと


作品はこちら▼
https://ncode.syosetu.com/n9636x/


薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。

花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が明けるまでおとなしくしていようと思うのだが、彼女の好奇心と知識はそうはさせない。

ふとした事件を解決したことから帝の寵妃や宦官に目をつけられることになる。

早く市井に戻りたい、猫猫はきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。


書籍化・2誌でコミカライズ連載されている人気作です。
薬師としての知識を持つ主人公「猫猫」が宮廷で活躍するストーリーです。
思いがけないものが身体を蝕むことがある。よかれと思ったものが毒、悪意をもって積もらせる毒、まさかというものに含まれる毒、と考えさせられることが多々あり、推理要素も多く盛り込まれており読みごたえがあります。

エリスの聖杯


作品はこちら▼
https://ncode.syosetu.com/n1230ei/


スカーレット・カスティエルは、類稀なる美貌と、由緒正しき血統と、圧倒的なカリスマでもって社交界の至宝と謳われていた―――くだらない嫉妬に狂い、さる下級令嬢の暗殺を企てるまでは。
その罪により、彼女は王太子殿下から婚約破棄を申し渡され、挙句の果てには民衆の目の前で断罪されることとなる。哀れにも、斬首という形で。齢十六にしてスカーレットはその苛烈なる生涯に幕を下ろしたのである。
◇◇◇
それから十年。地味でパッとしない子爵令嬢のコニーは、不運にも婚約者の不貞を目撃していた。さらには浮気相手の狡猾な罠に嵌まり、婚約破棄という絶体絶命のピンチを迎えてしまう。たいした身分も後ろ盾もなく、特別見目麗しいわけでも、ましてや人望者でもない彼女に手を差し伸べる者などいるわけもなく、すべてを諦めかけた瞬間―――【その声】は、突然、コニーの世界に飛び込んできた。

『いいわ、助けてあげる。でも、その代わり―――』

これは成り行きで希代の悪女の復讐につき合うことになってしまった、どこにでもいるような平凡な少女の物語。



書籍化・コミカライズ連載もされている人気作です。
貴族の闇と立ち向かう主人公である誠実なコニーと、悪女と言われたスカーレットの物語です。
リアルに書かれた貴族社会や、推理要素のある緊迫したストーリーが魅力的です。

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~


作品はこちら▼
https://ncode.syosetu.com/n4830bu/


本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。
転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。
いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないならどうする? 
作ってしまえばいいじゃない。
目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう。



こちらも書籍化・コミカライズ連載され、アニメ化もされている人気作です。

本好きな主人公がどうにか本を普及させようと奔走する話です。
ゼロから物を作り出すワクワク感と魔力が存在する異世界ファンタジーの壮大さが大きな魅力。
また、人間模様が丁寧に描かれており、家族愛で何度も泣かされました。



まとめ


「なろう系」について、少しでもご理解いただけたでしょうか。
たくさんの作品があるので、読んでみれば確実に1作品はツボにハマる作品が見つかると思います。

良い読書ライフを。



終わり

この記事を書いた人

事務員MPROFILE
事務員M

事務員をしています。会社が円滑に動くよう裏からサポートしています。業務効率化を目指して日々創意工夫中。

ほんわかした絵や似顔絵が得意です。社内でちょこちょこ素材増産中。

趣味はオタ活。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加