ホームページのサーバー選びに迷ったら•••

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに
独自のホームページを置くサーバーには大きく分けると「共用サーバー」と「専用サーバー」の2種類があります。簡単に言うと、専用サーバーは「一棟借りマンション」のようなもの、共用サーバーは普通の「賃貸マンション」のようなものです。
アクセス頻度が多いサイトの場合は専用サーバーを使うことがいいとされていますが、大概は共用サーバーで十分です。
さらにお手軽なのがクラウドタイプホームページ作成サービスです。「Wix(ウイックス)」とか「Jimdo(ジンドゥー)」が有名で、ここでは「クラウド型CMS」として説明いたします。このサービスはサーバー込みで提供さていて無料のテンプレートで簡単に制作できます。

・共用サーバーとは
・専用サーバーとは
・クラウド型CMS(サーバ付き)

新規契約と更新時の契約変更


新規にホームページをお考えの場合はまずサーバー契約からスタートします。デザインを考えずにテンプレートを利用する場合は、無料のオンラインCMSツールを使うこともできます。ただし、無料で使用する場合はURLが独自でなかったり、ロゴが使えなかったり、ファビコンが使えなかったり、ツールの名前が消せなかったりします。

更新をお考えの方は、現在お持ちのホームページはどんなサーバーを使っているかが必要になります。
・業者に任せっぱなしでよくわからない。
・デザインから公開まですべて無料で管理できるツールを使っている。
など、現状の管理状況をお知らせいただくことになります。

共用サーバーとは?


共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使用できるように貸し出されるサービスのことです。例えるなら、通常の「賃貸マンション」のイメージです。「レンタルサーバー」の大半は、この共用サーバーを指します。
レンタルサーバーセンターに置かれた1台のサーバーをさらに複数人で利用するので、利用者にはサーバーの管理権限は与えられていません。このため、使えるソフトウェアに制限があり、利用者は設置したいシステムがあってもサーバーのカスタマイズができません。単純な公開サイトで、お問合せのメールを受けるぐらいのことが一般的です。
また、他のサイトやシステムによる影響を受けやすい部分もあり、同じサーバー内にある他のサイトにアクセスが集中したケースでは、サーバーに大きな負荷がかかる場合があります。このとき、最悪だとサーバー自体がダウンしてしまい、「Server Error」という表示になってしまいます。

専用サーバーとは?


専用サーバーとは、物理的な1台のサーバーをユーザーが独占して使用できる形態のレンタルサーバーです。建物に例えると「一棟借りマンション」のイメージです。先ほどの「共用サーバー」より自由度は高く、利用者がそのサーバーの持つリソースを占有できます。さらに、安定したインターネット回線を確保でき、大容量のディスクスペースを独占して使用できるため、安定したサイト運営が可能です。また、専用サーバーは共用サーバーに比べて高スペックである場合がほとんどで、サーバーに負荷のかかる運用にも適しています。さらに、利用者にサーバーの管理権限がある点もメリットです。
専用サーバーのデメリットは料金が高いことです。また、基本的にはサーバーの設定や管理にも専門知識が必要です。サーバーに関する知識が少ないと導入や運用が面倒くさいことにもなってしまいますので、知識のある人材が必要になります。

クラウド型CMSについて


CMSとは「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、専門の知識がなくてもブログサービスやSNSのように、オンラインで登録画面に文字や画像をアップするだけでホームページが作れるシステムのことです。「共用サーバー」でも「専用サーバー」でもCMSは使えますが、サーバーの契約とサイト制作の依頼は別々で必要です。クラウドタイプのCMSは専門知識がなくても手軽に無料でホームページを持つことができます。デザインテンプレートを選んで、サンプルが入っている場所を自分用に変更して保存するだけで公開できます。先にも書きましたが「Wix」や「Jimdo」といったサービスが昔から有名で、デザインテンプレートも豊富にあります。
無料で運用する場合のデメリットとしてはURLにサービス名が含まれていて、ページの最上部か最下部にサービス名が表示していて消すことができません。(有料サービスに切り替えれば独自のドメイン名(URL)を使って表示も消えます)また、マーケティングには不向きな部分とかがありますので、安易にホームページを持ったとしても1方向だけの発信で終わってしまうこともあります。

最後に


以上、簡単ではございますが、サーバー管理には数年ごとにアップデートも必要ですのでとても面倒なものです。ホームページはサーバーに置いていれば安心できるものでもありません。
サイト公開からからマーケティング運用まで、ぜひ一向社にお任せください。

お問合せはこちらから。

この記事を書いた人

ターニャPROFILE
グラフィックデザイナーを目指して入った学校ではまだDTPもWEBもない時代。
その後、一向社の制作部に入って数年後に仕事でMacの存在に触れ、会社で初めて使ったツールはMacintosh IIfx(ツーエフエックス)。最初[Ai]のVer.3.0や[Ps]のVer.2.0あたりを必死に学んだ後はなんやかんやで社内では年長者になり、現在もなおツールの進化とアプリの進化にOJT(実務をしながら道具を吸収)中!(笑)…現在の専門はWEBと映像編集など。
趣味は:野球観戦(甲子園)、モータースポーツ観戦(鈴鹿サーキット)、飲みニケーションw
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。