アクセス解析でUAを放置していませんか?
GA4が登場したことでUAが無くなる日とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無償のアクセス解析プロパティであるGoogleアナリティクスは、【ユニバーサル アナリティクス(以後UA)】が2013年にリリースされた第3世代のGoogleアナリティクスで、2020年10月14日より前までは、ウェブサイトのアクセス解析ができるデフォルトのプロパティタイプでした。
その後、2020年10月に【Googleアナリティクス4 プロパティ(以後GA4)】として正式にリリースされ、2022年3月頃に「UAは、2023年7月1日をもってデータ処理が停止されます」と発表されました。
※アナリティクス360(有償版アナリティクス)プロパティの場合は、2023年10月1日に停止予定(3か月の猶予が与えられている)

なんだ、ということは・・・・・

「来年の7月までに追加すればいいのか!」となりますが、
業界で言われているのはそうではありません(?)



UAは、主に「Cookie情報」を利用してページ単位(PV:ページビュー)などが計測されていましたが、「Cookie規制」がヨーロッパで2016年ごろから始まり、現在では全世界で強化されるようになっています。UAはそれに抵触するとされていて、Cookie規制によってUAの計測ができなくなる(?)前に廃止する方針になったようです。そこで、GA4はGDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などのCookie規制に準拠したツールになっており、ユーザー単位のデータ(コンバージョンを含む)の保持期間は最大14か月(デフォルトは2か月)に固定されています。

GA4の特徴などの詳細は、2021年にこちらのブログで紹介しています。
【Googleアナリティクスの使い方】次世代のGoogleアナリティクスをちょこっと紹介!
【Googleアナリティクスの使い方】次世代のGoogleアナリティクスをちょこっと紹介!その2

新しいGA4と古いUAは互換性が無いのです。


現状ではGA4を追加しているサイトであればUAと同時に計測できます。つまり、2023年の7月までは両方のデータが取れますが、2023年の7月以降はUAのデータが取れなくなり、GA4で「前年同月と比較」の値がなくなるのです。互換性が無いため、同じセッション単位であっても計測値が違っています。
UAが無くなる2023年7月時点で「前年同月と比較」したい場合はGA4で2022年7月からデータをとっておく必要があるのです。

Google Analytics(UA)を使っている皆さん!
2022年6月中にGA4のデータをスタートさせてください!

業界では、UAが無くなるまで「あと1年ちょっとある」猶予のはずが、「あと1か月しかない!」が合言葉になっています。

以下の画像は当社サイトのUAとGA4の「セッション単位」を比較した物です。(FARO REPORT)
同じ月であっても差があり、約1.06倍に増加しています。
以下の画像は当社サイトのUAとGA4の「ユーザー単位」を比較した物です。(FARO REPORT)
こちらはほぼ同数ですが、セッション単位と同じく差があります。

GA4の入れ方は簡単です。


UAの管理を既にGTM(Google Tag Manager)でされている場合は・・・
Analyticsにログインして、管理サイトのプロパティで一番上の「GA4設定アシスタント」をクリックして指示通り設定したら「測定ID(G-X0X0X0X0X0)」を取得して、GTMに登録するだけです。

UAのトラッキングコード(UA-00000000-1)をそのままサイトに入れている場合は・・・
Analyticsにログインして、管理サイトのプロパティで一番上の「GA4設定アシスタント」をクリックして指示通り設定したら、GA4用のグローバルサイトタグ(gtag. js)をコピーして、UAのトラッキングコードと並列に入れてください。

もしくは、
この際ですから先にGTMを入れてから上記①の設定をして、UAもGA4もGTM経由で取得するように設定して、単独のUAのトラッキングコードを削除してください。(共存していてもエラーにはなりませんが、どっちが効いてのるかわからなくなるので、削除したほうがスッキリします・笑)

GA4の設定は、ほぼデフォルトでいいのですが、「データ設定>データ保持」の期間はデフォルトが「2か月」になっていますので、「14か月」に変更するように推奨されています。
選択肢は潔く(?)なぜか2択です(笑)

GA4は2022年6月中に入れましょう!


とりあえず6月中にGA4のデータを取れるようにしてください。
一向社では、上記③の方法にて順次GA4化を進めています。
当社で管理しているサイトに関しては、GA4化は今のところ有償では承っていませんが、7月以降になる場合は分かりません。
他社で管理されているサイトの場合は、管理会社などに打診していただくか、当社まで!

ぜひ、お問合せください。

この記事を書いた人

ターニャPROFILE
グラフィックデザイナーを目指して入った学校ではまだDTPもWEBもない時代。
その後、一向社の制作部に入って数年後に仕事でMacの存在に触れ、会社で初めて使ったツールはMacintosh IIfx(ツーエフエックス)。最初[Ai]のVer.3.0や[Ps]のVer.2.0あたりを必死に学んだ後はなんやかんやで社内では年長者になり、現在もなおツールの進化とアプリの進化にOJT(実務をしながら道具を吸収)中!(笑)…現在の専門はWEBと映像編集など。
趣味は:野球観戦(甲子園)、モータースポーツ観戦(鈴鹿サーキット)、飲みニケーションw
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。