Web制作の仕事は、今後稼げるのでしょうか?それとも稼げない職業になってしまうのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論、私は稼げないと思う


Web制作は今後稼げるのか?こういう質問を最近されますし、稼げないのではない?と言われています。
私はその通り稼げないと思います。今は、まだ、大丈夫だと思いますが、あと10年持つかなと思います。その理由としては、今時、web制作なんて中学生でもできますよ。誰でも簡単にwebサイトを作ることができるツールなどもたくさんあります。
現状では、wixなどのノーコードで作れるサイトよりも、ちゃんとスクラッチで作ったサイトの方が自由度あるし、その分色々融通が効くので、webサイト制作をwebデザイナーというプロにお願いすることによるメリットの方が大きいですが、私は、そのうちその差異がなくなってくるのではと感じていますし、時間の問題ではないのかというのが答えです。
最近では副業で始める人もいますし、現代の時流としてリモートワークが当たり前になり、PCとソフトがあればできるweb制作の仕事はどんどん敷居が下がってきています。webデザイナーをやる人が増えてきているということです。要するに競合が増えてきています。webデザイナーの市場は、レッドオーシャン市場です。仕事を獲得するだけでも大変です。さらに、単価も下がってきています。この状況を止めることは難しいと感じています。
どこでも、誰でもできる仕事なら、わざわざ制作会社や広告代理店に頼むでしょうか?自分でやる方が早いですよね。。。そういう流れになってきています。web制作という仕事は無くならない、むしろ需要は増えてきている傾向ですが、稼げるかどうかという点については非常に厳しいのではないかと感じています。

会社員のwebデザイナーは永遠に稼げない


少なくても会社員で正社員としてweb制作をしている人は、絶対稼げません。日本という国は、その他諸外国に比べて、技術者を軽くみる傾向にあると思います。要するにただの作業員なんですよね。webデザインの技術を習得するのにかなりの時間も労力もかかるというのに、そういうふうにみられているのです。ただの作業員という認識の人間に会社は、たくさん給料を支払いたいと思わないのも事実です。その証拠としての数字が、webデザイナーの平均年収で、たったの400万くらいです。こんな金額で一生生活するなんて不可能です。ですので、webデザインで食っていきたいのなら独立したほうが絶対良いです。ただ、独立するためには、それなりの知識と技術力が必要となってきますので、それを身につけるためには、しばらくは会社員として働くのはありです。

稼げないならば、どうすれば良いのでしょうか?


まずは、独立してフリーになりましょう。会社員のwebデザイナーのままでは永遠に稼げません。それは前述した通りです。
そして、稼げるwebデザイナーになることです。
では、どんな、webデザイナーが稼げるかですよね?

まず、デザインとコーディングができるのは当たり前です。デザインだけ、コーディングだけでは厳しいと感じます。両方できて、ちゃんとサイトとしての形を最後まで責任を持って制作できるというのは当たり前すぎです。これだけは必須条件です。

プラス、マーケティングの知識がある。
さまざまな提案ができる

とにかく、web制作以外のプラスアルファーが必要だと感じます。
Web制作にプラスの付加価値をつけることができれば、稼げる幅は増えてくると思います。

あとは、クライアントをきちんと選ぶということです。
Web制作をする上でクライアント選びは非常に重要です。安い金額で、発注してくるクライアント様はたくさんいます。
私は、web制作は高度な技術職で簡単なものではないと思っていますし、価値のある仕事だと認識しています。安い金額でやるのはあり得ないと感じています。ここで、ぼったくりのイメージを想像している人もいるかもしれませんが、そうではないのです。適切な標準価格で受注しましょうと申し上げているのです。安請け合いはしないでほしいと申し上げているのです。あなたが安請け合いをすればするほど、業界の単価を下げてしまいます。そうなれば最終的には自分のクビを閉めることになるからです。それが、webデザイナーは稼げないと言われる原因の一つにもなっています。だから、安請け合いはしないでください。
ここで、前述した会社員のwebデザイナーは稼げないということが、また、一つ実証されます。会社というのは、よほど大手でもない限り、仕事がほしいわけです。何もしなくても勝手に仕事が入ってくる大手ではない場合は、ほとんどの会社が安請け合いで安い金額で受注します。そういったことが稼げない理由なんです。
あとは、よくある、クライアントでクラウドワークス、ランサーズ等やその他似たようなサービスがありますが、とてもじゃないですが、ものすごい安い金額で発注されています。こちらに仕事を発注している企業様は、こういうことをいうのは失礼ですが、質はあまり良くないのではと感じてしまいます。
そして、ここで、稼げるwebデザイナーとしての条件で増える要因が一つ増えます。営業力ですね。やはり営業力があれば、価値をわかっていただける質の良いクライアントを見つけることができます。とても重要なファクターになります。

まとめ


稼げるweb制作の仕事というのは以下条件をクリアしていることが最低条件だと感じます。

・フリーランスであること
・デザイン、コーディングができてサイトの形を一人で責任を持てるところまで制作できる
・プラスアルファの技術がある(マーケティング等)
・クライアントをきちんと選べる目を持つ
・営業力がある

上記を満たしていれば、稼げるwebデザイナーになれるのではないでしょうか?

最初に私は、web制作の仕事は今後稼げないと申し上げましたが、まあ、やり方によれば稼ぐことは可能であると感じます。競合の多い市場ですが、やはり、他のwebデザイナーよりも何か長けているものが武器としてあれば稼げると感じます。あなたには、稼げるwebデザイナーになってほしいと思っています。

この記事を書いた人

ya-noPROFILE
I like horror Movie
  • このエントリーをはてなブックマークに追加