WEBデザイナーの道具選びはグラフィックデザイナーと違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和時代になって、残念ながらグラフィックデザイナーの需要は日増しに下がっています。逆にWEBデザイナーは、制作会社、広告代理店、インハウスなど、需要は日増しに上がっています。(個人的主観ですが)
使用するPCも日々進化しているので、重要な「道具選び」は、グラフィックとWEBではどれぐらいの差があるのでしょう?


WEBデザインの仕事をするうえでは、ある程度最新のスペックを備えたPCが必要になってきます。これからWEBデザインに挑戦する人の多くは、新しくPCを買うことになるでしょう。

どんなPCを買えばいいのか?


ショッピングサイトや家電量販店を覗くと多種多様なPCがあり、迷ってしまいます。
まずは値段、そしてスペックで決める方が多いと思いますが、「安いから」と値段だけを見て買うと失敗することもあります。
最低限、OSとスペックは押さえておきましょう。

PCを選ぶとき、まず「OSを何にするか」が大切


PCのOSは、大きく分けて「WindowsOS」と「MacOS」の2種類あります。
一般的なPCのシェアはWindowsですが、WEBデザインのツールに向いているのはWindowsとMacのどちらでしょう?
基本的にはOSというより、デザインワークに使うアプリケーションが重要になりますので、OSは関係ないのですが、グラフィックデザイナーの大半はMacを使っています。
理由として、動作がとても安定していることや、ショートカットキーを打ちやすいキーボード配列などが挙げられますますが、配列などは慣れればどちらでも構わないと思っています。
WEBデザイナーも基本的にMacが多いことから、データのやり取りするときにMac同士のほうが圧縮解凍した時の特殊文字が化けてしまうといったトラブルを回避できます。


タブレットのiOSやAndroidでもデザイン用のアプリが動けば大丈夫ですが、仕事で実際に使っている人は僅かだと思います。

ノートPCとデスクトップPCではどちらが向いている?


最高スペックを望むなら、もちろんデスクトップPCですが、WEB制作で考えるとノートPC(ラップトップPC)もデスクトップPCもスペックは同等と考えていいでしょう。
おすすめなのはノートPCです。
ノートPCの特徴はいつでも好きな場所で作業ができること。デスクトップPCでは基本的に移動はできません。事務所ではデスクトップ用の大型ディスプレイを接続すれば、デュアル画面で作業できるので、初心者ではあまりないかもしれませんが、プレビューを見ながらソースコードをコーディングすることもできます。
さらにWEBデザイナーにはクライアント先でプレゼンテーションスクことも多いので、ノートPCが必須の場面がいくつもあります。

OSと形態が決まったら、いよいよ悩ましいスペックを確認


【CPU】【メモリ】【ストレージ】【画面サイズ】の4つの標準は押さえておきましょう。
時代によって標準は変わってゆくし、使用アプリケーションのバージョンは最新にした方がいいので、できれば高めを選びたいのですが、当然価格は上がります。

前文からお勧めしているのは「MacOS」「ノートPC」ですと、自ずとMacBook(Air or Pro)になりますので、絞り込んで書きます。


【CPU】Apple M1チップ プロセッサー(2022年時点)

1世代前の「Intel Core」であっても、アプリケーションの動作が遅く感じ、スムーズな作業ができません。


【メモリ】16GB以上 
特に重要なのが、メモリの容量です。アプリを同時にたくさん開いて作業するためには必須です。
WEBデザインの現場では、「Photoshop」や「Illustrator」、「Dreamweaver」、「XD」など複数のアプリケーションを使います。(グラフィックデザイナーで鍛えられた方は当たり前のAdobeのCCがお勧めです)
具体的な数値として、最低でも16GBのメモリを搭載した製品を選びましょう。

【ストレージ】SSDの512GB以上
ストレージはデータ保存の容量です。制作するための画像データや過去データを溜め込むためにはストレージの数字が大きいほど、大量のデータを保存できます。
ストレージには、「HDD(Hard Disk Drive)」と「SSD(Solid State Drive)」の2種類ありますが、ノートPCならSSDを搭載したPCが主流です。
大きいに越したことはありませんが、メモリと違って、外付けHDDを足すこともできますので、最初から大容量は考えなくていいでしょう。

【画面サイズ】15インチ以上のノートPC
あまり大きいモデルは持ち運びに不便になることになるため、事務所とか自宅では21インチ~27インチのディスプレイを購入してデュアルで使用することをお勧めします。

他にPC選びで知っておきたいこと


中古でも上記同等スペックなら買っても問題ないのですが、おそらくあまり値段は変わらないので、新品がいいでしょう。PCは高価なので「できるだけ安いやつを買いたい」というのが本音でしょうけど、職業として大成させようと思えば、そこでケチるのは違うと思います。
それと、【CPU】が古いと寿命が短いと言えます。AdobeのCCをアップデートして使うためには新しいCPUでないと使えない場合があります。

新しいノートPC(Macbook)はUSBポートは古いタイプのものが入らないことになりますので、「USB-C - USBアダプタ」または「USB-C - USBアダプタ(ディスプレイ用のHDMIポート付き)」を同時に購入することをお勧めします。

WindowsのPCでおすすめなのは、マウスコンピューターのPCブランド「DAIV」の製品をWEBデザイナー向けとお勧めしているところを見ましたが、ここではあいにく詳しくはご説明できません。(笑)

おわりに


WEBデザインに必要なアプリケーション「Adobe Creativ Cloud」にパッケージされている「Photoshop」や「Illustrator」、「Dreamweaver」、「XD」などのことは、あまり詳しく書いていませんが、別項でご説明する機会があると思います。

この記事を書いた人

ターニャPROFILE
グラフィックデザイナーを目指して入った学校ではまだDTPもWEBもない時代。
その後、一向社の制作部に入って数年後に仕事でMacの存在に触れ、会社で初めて使ったツールはMacintosh IIfx(ツーエフエックス)。最初[Ai]のVer.3.0や[Ps]のVer.2.0あたりを必死に学んだ後はなんやかんやで社内では年長者になり、現在もなおツールの進化とアプリの進化にOJT(実務をしながら道具を吸収)中!(笑)…現在の専門はWEBと映像編集など。
趣味は:野球観戦(甲子園)、モータースポーツ観戦(鈴鹿サーキット)、飲みニケーションw
  • このエントリーをはてなブックマークに追加