知っておくと便利!イラレの便利な機能「パペットワープツール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AdobeのIllustrator(イラストレーター)で「コレは便利だ!」と思った“パペットワープツール”の使い方を解説します。

パペットワープツールとは?


Illustrator CC2018から実装されたツールでオブジェクトをシームレスに変形できる機能です。


パペットワープツールの使い方


パペット(操り人形)と聞くと、どうしてもウシとカエルの漫才コンビが思い浮かんでしまうのですが(笑)

今回は一向社の会社案内にも起用されているカエルのイラストでご説明します。


1)
変形したいオブジェクト(今回はカエル)を選択します。

2)
ツールバーからパペットワープツールを選択します。
自動的にメッシュと黒丸(以下ピン)が構成されます。
ピンは任意の場所に増やす事ができ Delete キーで減らす事も可能です。
※パペットワープツールでは3つ以上のピンが必要

3)
ピンをクリック&ドラッグして、オブジェクトを変形します。
またはピンを選択して点線の円を回転させる。
複数のピンを選択する場合 Shift キーを押しながらクリックします。

さいごに


パペットワープツールは自動的にアウトラインがかかりますので、ご心配の方は事前にコピーをしておいた方がいいかもしれません。
複雑なオブジェクトでは扱いが難しいツールにはなりますが、ちょっとした変形なら便利な機能だと思います。

以上、パペットワープツールの使い方解説でした。

この記事を書いた人

カピッコPROFILE
デザイン系の専門学校卒業後ikkoshaに入社。チラシやポスターなどの制作を主にしています。
扱えるAdobeソフトの数を増やしたいと思っている年頃。
社内撮影のハンドモデルを時たまやってます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。