出展者も参加者も覚えておきたい、新しい展示会様式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月19日より各種イベントの人数制限が緩和され、人の動きも少しずつ増え始めています。
企業のプロモーション活動の一環として重要な展示会は、春は中止も多かったのですが、夏から秋にかけては新型コロナ感染防止策を講じながら開催されています。

実際にはどのような感染防止策が講じられているのでしょうか。主なものをご紹介します。
(実際に出展・参加する場合は、主催者が発表しているガイドラインをご確認ください。)

日常生活でも推奨されている

・体温37.5度以上、体調不良の場合は来場しない
・マスクを着用する
・手洗い・手指消毒の励行

などの一般的な注意事項の他にも、
下記のような注意事項が挙げられています。

飛沫を防ぎ、ソーシャルディスタンスを確保する


・登壇者から参加者までの距離を2m確保する、または飛沫防止シールドを設置する
・セミナー受講形式の場合、各座席は1m程度の距離を空ける
・受付などの対面する場所ではビニールカーテンなどを設ける
・待機列が予想される場所には、床面にシールなどで間隔の目安を表示する

接触機会を減らす


・金銭のやりとりが必要な場合は、事前決済やキャッシュレス決済を検討する
・アンケートなどに使う筆記具は個人で持参してもらうよう周知する
・イスやテーブルなど共用する場合はこまめに消毒する

万が一に備えて情報提供


接触確認アプリ(COCOAなど)や地域のコロナ追跡システムのインストールを推奨する
・商談時には、連絡先などの情報を取得・提供する
・出展者はスタッフのシフトを把握・保管しておく
出展者も参加者もお互いに安心な環境づくりに配慮し、コロナ禍を乗り切りましょう!
(※このブログは、2020年9月23日現在の情報を元にしています。)

一向社では、展示会の事務局運営サポートやブースのデザインも承っています。
どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ!


参考サイト:
日本展示会協会
https://www.nittenkyo.ne.jp/

展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドライン改訂版(2020.08.21)
https://www.nittenkyo.ne.jp/caution-jp/27

この記事を書いた人

つーちゃんPROFILE
広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務後、一向社に入社。どんなジャンルでもやりたがる方ですが、パンフレット考えるのが割と好きです。Webマーケティング勉強&実践中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。