運転マナー「あなたはクラクションを鳴らしますか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールド免許継続中の営業マーシーです。
今回は『クラクション』についてのマナーのお話です。


普段運転をしている中で、何気なくクラクションを鳴らすことがあると思います。
・道を譲ってもらったお礼
・行ってきますの挨拶
・到着しましたの合図
・信号が青になっているけど前の車が気づいていない時
・自転車や歩行者への注意喚起
など。



映画やドラマのシーンでも見かける行為ですが、実はこれらの使い方は、すべて交通違反ということをご存知でしょうか?

クラクションは道路交通法で『警音器』と呼ばれており、第54条第2項では以下のように定められています。
「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。」

映画やドラマの話は置いといて、普段の生活で"挨拶"や"合図"などで使用すると交通違反になってしまうのです。


●正しい使い方

それでは、正しい使い方とはどのように定められているのでしょうか?
・左右の見通しのきかない交差点


・見通しのきかない曲がり角、上り坂の頂上で『警笛鳴らせ』の標識がある場所



・山間部や曲折が多い道路の『警笛鳴らせ』の標識区間内で見通しのきかない交差点、曲がり角、上り坂の頂上を通行するとき



私も過去に『警笛鳴らせ』の標識を山奥で2、3回見かけたことがありますが、いざ『鳴らせ!』となると少し躊躇してしまった記憶があります(笑)
また、標識は山奥にあるので年季が入っています。(個人の感想です)


●罰則

【警音器吹鳴義務違反】:鳴らすべき場所で鳴らさなかった
違反点数: 1点
反則金:
大型車        7,000円
普通自動車     6,000円
二輪車       6,000円
小型特殊自動車   5,000円
原動機付自転車   5,000円


【警音器使用制限違反】:鳴らしてはいけない場所で鳴らした
違反点数: 無し
反則金:      3,000円


●まとめ

普段の生活に溶け込んでしまっている警音器の違反、「クラクションで違反切符を切られた」人もおそらく少ないのではないでしょうか?
しかし、騒音の問題や「クラクションを鳴らした」という理由からトラブルに発展するケースもあります。
良かれと思っていても正しい交通ルールを理解し、今後も安全運転に努めましょう!

この記事を書いた人

マーシーPROFILE
株式会社一向社 営業部所属

大学卒業後、大阪の劇場で団体チケットを売る営業の仕事に就職。
次に携帯基地局を一から作る現場監督的仕事を経て一向社へ。

劇的に変化していく時代や仕事の流れに、
大学まで培った水泳で泳ぎに泳いでいます。

天理高等学校→同志社大学卒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加