MF経費で変わる経費精算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネーフォワード経費で業務効率化!


MF経費で変わる経費精算



こんにちは、事務員Mです。

交通費、物品購入費、等々…
毎月経費は発生します。

そして発生した経費はいつどこで何のために使ったものか把握、処理しなければなりません。

経費の処理、意外と手間がかかったりミスが発生したりする業務です。

今回は、経費管理システム「マネーフォワードクラウド経費」を導入して、経費精算がどう変わったのかご紹介します。



before 紙の申請書時代

まず、一向社の経費精算手順はこうでした。


社員申請書(紙)に日付、用途、内容、金額を記入、印鑑を押す。裏面に領収書を貼り付け、それを社長に手渡し。
承認後事務員の私に手渡し、申請書を預かった私(事務員)社員の各口座に振り込み手続き、その後その申請書を社長に返して仕訳…という形を取っていました。


月初月末に申請がまとめて来たり、紙でかさばったり、今のテレワークが普及したご時世に手渡しをするために会社に行くのも手間…。

他、預かっていた申請書が机のサイドにひらひらと落ち紛失しかけたこともありました。
(これは私の不注意ですが)





after MFクラウド経費へ

それがマネーフォワードクラウド経費を利用すると、こんなにやりとりが短縮されました!



手順はこう変わりました。

マネーフォワードクラウド経費に社員が経費を入力、領収書はスキャンしてPDFを添付して社長に申請、社長承認、そのまま給料支払い時に給料とともに経費支払い、という風にショートカットされました。

すべてがデジタル上で進む上、業務の手順が削減されました。
また、紙では直せない書き損じもパソコン上では修正が可能なので書き直す手間も省けました。

仕訳は入力されたデータをもとにマネーフォワードクラウド会計にて処理、経費の支払いはマネーフォワードクラウド給与にて給料とともに支払い。
そしていちいち振り込み手続きをする手間もなくなったので、事務員の私に至っては仕事がなくなりました!




このように、社内でのお金の周りをすべてマネーフォワードのシステムを使うことによって、手間やミスを減らしその分の時間を営業であったりこうしてブログの執筆などに充てられています。




社内のシステムを見直したい、効率の良い会社の運営をしたい、そうお考えの方はぜひ導入をご検討ください!




この記事を書いた人

事務員MPROFILE
事務員M

事務員をしています。会社が円滑に動くよう裏からサポートしています。業務効率化を目指して日々創意工夫中。

ほんわかした絵や似顔絵が得意です。社内でちょこちょこ素材増産中。

趣味はオタ活、好きなアイドルはなにわ男子です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。