爪、ぼろぼろ、対処法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、事務員Mです。

私、一年程ジェルネイルサロンに通っていたのですが、そろそろ年末年始も近く予約を取りづらくなるな…と思い、ネイルをオフしてきました。

さて、一度でもジェルネイルをしたことがある方なら経験があるでしょう。




爪がぼろっぼろです。

そう、爪に付いていたネイルは液体などでサッと拭き取って落としたりするものではありません。
工具のようなもので表面を削り落とします。

というわけでとっても爪がいたみます。


爪が弱いとどうなるの?


ぼろぼろの爪、日常生活においてかなり負担です。

まず、爪先を使うと割れるため、重い荷物を持つ時や窓を開けるとき、財布からカードを取り出す時やシールをはがす時など注意しないとあっという間に爪の先が割れます。

そして、割れたりささくれたりした爪は指に違和感を感じたり痛みを感じる以外にも、衣服に引っかかってほつれたり、シャンプーの時に髪に引っかかったり、肌に当たった時にひっかいてしまったりとさらに散々です。


弱い爪を保護したい。治したい。強くしたい。
そう思い、友人に相談してみました。


爪を強くするには


友人は美容やダイエットなど妙に詳しいので、なんとなしに聞いてみました。

すると、「焼き魚とチーズがいいよ!」とのこと。
過去に行っていたトレーニングジムにて聞いた知識だそうです。

※爪をトレーニングしに行っていた訳ではなく、身体を作るタンパク質の摂取に適した食材について教えられた時に得た知識だそう。

まず、タンパク質を多く含む食材の代表が肉類・魚介類・卵・乳製品・大豆など。
薄い爪を固く丈夫にしてくれるビタミンAや、爪の細胞の成長を活発にして強度のある爪を作ってくれるビオチン、健康な骨や爪を形成してくれるカルシウム、カルシウムの吸収力を高めてくれるビタミンDが多く含まれるのが

そして、チーズにはカルシウムビタミンDが多く含まれています。

一番良いのは肉類・魚介類・卵・乳製品・大豆をバランス良く食べることですが、毎日そううまくはいきません。
ですので、晩御飯に焼き魚を食べる、3食のお供にチーズを食べるなど、手軽に効率よくタンパク質を取ることが大事です。


友人はこの生活を続けたところ爪が固くなりすぎたため、今は一日ひとつチーズを食べる生活をしているそうです。

以下、友人のおすすめグッズです。



おすすめグッズ

キャンメイク カラフルネイルズ NNH ネイルハードナー


爪が割れる前に、割れた後の保護に最適。

保湿成分である加水分解ケラチンを配合。ベースコートとしても、トップコートとしても使える透明タイプ。
ネイルハードナーを塗ることで爪を保護し、割れや欠けから爪を守ります。

割れたり欠けたりして引っかかりやすくなった爪に塗るのもおすすめです。
爪の表面が滑らかになって引っかかりにくくなります。

これを塗ってから爪の劣化が静まりました。



QBB ベビーチーズプレーン


手軽においしくカルシウム補給ができます。
持ち運びしやすいサイズで、お弁当と一緒に持っていけます。
お値段も優しい。

今こちらを三食食べる生活をしています。




ちょっとした習慣で自爪を強く


いかがだったでしょうか。

これから乾燥の季節。(執筆時:10月末)
ハンドケアが大変な時期に向けて、今から備えておくと冬にもきれいな爪と手でいられます。

というわけで、レッツネイル、レッツフィッシュ、レッツチーズ。



終わり




この記事を書いた人

事務員MPROFILE
事務員M

事務員をしています。会社が円滑に動くよう裏からサポートしています。業務効率化を目指して日々創意工夫中。

ほんわかした絵や似顔絵が得意です。社内でちょこちょこ素材増産中。

趣味はオタ活。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加